Search


since 2005.03.13

2008年04月24日

'Round About Midnight/MILES DAVIS (マイルス・デイヴィス)

B00005B58W'Round About Midnight
Miles Davis
Sony Jazz 2001-04-18

 ジャズの名門レーベルのひとつ、Prestige(プレスティッジ)から大手Columbia(コロンビア/CBS)に移籍したMiles Davis(tp.マイルス・デイヴィス)が1957年に発表した移籍第1弾。Miles Davisの知名度を飛躍的に高めたアルバムであり、遂に登場したJohn Coltrane(ts.ジョン・コルトレーン)等を擁した"黄金のクインテット"と共に、極めて完成度の高い洗練されたアレンジで無駄な音を一切排除して創り上げた、Miles Davisの美学が結実したモダン・ジャズを代表する名盤です。


1. 'Round Midnight
2. Ah-Leu-Cha
3. All of You
4. Bye Bye Blackbird
5. Tadd's Delight
6. Dear Old Stockholm

Miles Davis -trumpet (マイルス・デイヴィス)
John Coltrane -tenor sax (ジョン・コルトレーン)
Red Garland -piano (レッド・ガーランド)
Paul Chambers -bass (ポール・チェンバース)
Philly Joe Jones -Drums (フィリー・ジョー・ジョーンズ)

*trk.2 - 1955年10月26日録音
*trk.4-6 - 1956年 6月 5日録音
*trk.1,3 - 1956年 9月10日録音

 演奏者全員の機能的な結びつきが重要視されるハード・バップという音楽の性質上、パーマネントなグループ結成の必要性を感じていたMiles Davis(tp.マイルス・デイヴィス)は無名ながら才能溢れる若手ミュージシャンを集めてレギュラー・コンボを結成。ここにMiles Davis、John Coltrane(ts.ジョン・コルトレーン)、Red Garland(p.レッド・ガーランド)、Paul Chambers(b.ポール・チェンバース)、Philly Joe Jones(ds.フィリー・ジョー・ジョーンズ)、後に"黄金のクインテット"と呼ばれることになるThe Original Quintet/First Great Quintetが遂に誕生します。
 とはいっても、数年後にSonny Rollins(ts.ソニー・ロリンズ)と並ぶサックスの巨匠としてジャズ界のビッグ・ネームとなるJohn Coltraneなどは、Miles Davisに個性と可能性を認められての参加とはいえ、Miles Davisが熱望していたSonny Rollinsに断られた為の代役に過ぎず、この時点では経験も演奏も未熟。時折キラリと光るプレイを聴かせる、大きな才能を秘めた若手プレイヤーと言った感じで、その反面、下手をするとウィーク・ポイントにも成りかねない存在。全盛期のJohn Coltraneの代名詞となる"シーツ・オブ・サウンド"には程遠い荒々しいサウンドでアドリブにも迷いが感じられるプレイも多く、この時期のJohn Coltraneをどう聴くかによってクインテットへの評価が変わると言っても過言ではありません。

Miles Davis & John Coltrane しかし、The Original QuintetでのJohn Coltraneに対して否定的な意見も多い中、後年"黄金のクインテット"としてジャズの歴史に名を残したグループだけあって、Miles Davisの強烈なリーダー・シップに牽引されて数々のアルバムに残した演奏は悪くても平均点以上。例えJohn Coltraneがメンバーが作り上げてきた曲の雰囲気をぶち壊すような豪快な節回しでアドリブをスタートさせてしまったとしても(流石に本作『'Round About Midnight』のように作り込まれたアルバムでは大きな破状ありませんし、この時期のJohn Coltraneの演奏としては奇跡的な名演揃い)、それらを全て含めて、このグループの味であり、魅力であったのではないでしょうか。また、John Coltraneのテナー・サックスのトーンとMiles Davisのトランペットの相性は絶品。Miles Davisのトランペットをより際立たせ、より輝かせるそのトーンは、周りからの不評、そしてMiles Davis本人も「アイツは下手だ」と言いながら、John Coltraneを使い続けた大きな理由の1つではないかと思われ、そのプレイに関しても、何とかグループのサウンドを壊さないように試行錯誤しながら必死になって演奏しているJohn Coltraneには、後年のプレイとの対比も含め、未完成故の面白さがあると思っています。

 Columbia(コロンビア/CBS)移籍を視野に入れ、Prestige(プレスティッジ)在籍中にColumbiaのために行った、グループでの初レコーディングとなる1955年10月26日のセッションでは各メンバーもMiles Davisの意図を測りかねて戸惑いがあったのか、4曲レコーディングして、そのうち本作には"Ah-Leu-Cha"のみの収録になっています。(後年、ボーナス・トラック等で全ての録音曲が発表済み。)
 しかし、レギュラー・コンボの強み、同じメンバーでのライブ、Prestigeでの録音セッションなどを重ねるうち、Miles Davisの意図がグループに浸透して徐々にMiles Davisの示した方向性がハッキリと表現されるようになり、翌年6月のセッションでの3曲("Bye Bye Blackbird"、"Tadd's Delight"、"Dear Old Stockholm")、初レコーディングから約1年後のセッションでの2曲("'Round Midnight"、"All of You")と、これまでの様にレコーディングのたびに集められたメンバーとの録音では到達できなかった、Miles Davisの意向をより素晴らしいコンビネーションで聴かせる、"黄金のクインテット"と呼ばれるに相応しい演奏を繰り広げるグループへと成長していきます。また、名門とはいえ、ジャズ・ファン向けのレーベルに過ぎなかったPrestigeからではなく、一般の音楽ファンを多く抱えたColumbiaからの発売(ある意味メジャー・デビュー?)ということを考慮し、ジャズ・ファンのみを対象にした音楽ではなく、一般の音楽ファンにも聴きやすい音楽を作る必要性を感じたMiles Davisが、Prestigeとの契約上の問題でColumbiaからは直ぐにアルバムを発売できなかったという事情もあり、連日のライブによる演奏の熟成に加え、長い準備期間をかけて予めアレンジ等をしっかり煮詰めて録音に臨んでいたためか、細部にわたってMiles Davisの指示の行き届いた非常に完成度の高いアルバムに仕上がっており、大手Columbiaからの1作目というMiles Davisの気合が充分に伝わる傑作になっています。

関連記事 - Miles Davis 記事一覧

| HOME |

2008年04月20日

Miles Davis and the Modern Jazz Giants/MILES DAVIS and THE MODERN JAZZ GIANTS (マイルス・デイヴィス)

B001FBSMLCMiles Davis and the Modern Jazz Giants
Miles Davis and the Modern Jazz Giants
Prestige Records 2008-10-07


Miles Davis - Miles Davis and the Modern Jazz Giants [試聴]iTunes Music Store - Miles Davis and the Modern Jazz Giants


 Thelonious Monk(p.セロニアス・モンク)とのクリスマス・セッションで録音され、Album『Bags Groove』に収録されなかった残り4曲と1956年に黄金のクインテットで録音したThelonious Monk(p.セロニアス・モンク)作"'Round Midnight"(Columbia移籍第1弾として1957年に発表されたアルバム『'Round About Midnight』に収録されたものとは別ヴァージョン。録音は本作収録のヴァージョンが1ヶ月程あと。)を収録したアルバム。

1. Man I Love [Take 2]
2. Swing Spring
3. 'Round Midnight
4. Bemsha Swing
5. Man I Love [Take 1]

Miles Davis -trumpet (マイルス・デイヴィス)
John Coltrane -tenor sax (ジョン・コルトレーン) Trk.3
Red Garland -piano (レッド・ガーランド) Trk.3
Paul Chambers -bass (ポール・チェンバース) Trk.3
Philly Joe Jones -Drums (フィリー・ジョー・ジョーンズ) Trk.3

*trk.1,2,4,5 - 1954年12月24日録音
*trk.3 - 1956年10月26日録音

 クリスマス・セッションの残り4曲、と聞くとアルバムの出来も悪そうですが、実は正反対。『Bags' Groove』と比較した場合、こちらを上に挙げるジャズ・ファンも決して少なくない名盤です。
 大手Columbia(コロンビア/CBS)移籍前後の1956年-1957年頃から人気絶頂期を迎えていたThe Miles Davis Quintet(マイルス・デイヴィス・クインテット)の人気に便乗して、Miles Davisの旧所属レーベルである商売上手なPrestige(プレスティッジ)が何らかの理由でお蔵入りしていた手持ちの音源の中から、黄金のクインテットがPrestigeに残したマラソン・セッションの音源"'Round Midnight"、1956年に名盤『Saxophone Colossus』を発表してサックス・プレイヤーとしてトップ・レベルの実力と人気を獲得していたSonny Rollins(ts.ソニー・ロリンズ)との共演音源、そして Thelonious Monk(p.セロニアス・モンク)、Milt Jackson(vib.ミルト・ジャクソン/MJQ)等との1954年録音音源を組み合わせて『Bags' Groove』(1957年発売)、『Miles Davis and The Modern Jazz Giants』(1958年発売)の2枚に仕上げて順番に発売したのではないかと考えられ、単に2枚のアルバムに分けられただけで、決してどちらが内容的に劣っているという訳ではありません。何れにせよ、どの音源も録音後暫く未発表(Prestigeの大量の録音テープの中に埋もれていた?)になっていたのが不思議な程の名演揃い。特に『Miles Davis and The Modern Jazz Giants』は、モンク入門、MJQ(Milt Jackson)入門にも最適です。
(元々Prestigeは、とりあえず何でも録音しておいて、後から発売するという大量制作方針。その為、Prestigeのアルバムは玉石混淆とも言われています。もちろん『Bags' Groove』、『Miles Davis and The Modern Jazz Giants』は玉の方。また、Prestigeは正式に契約の切れた1956年以降も未発表音源、その後のMiles Davisの人気上昇見越して温存していた音源などを利用して、1961年頃までMiles Davisで商売しています。)

 録音から数年後とはいえ、この音源が世に出たことは素晴らしいことですが、強いていうなら、1956年録音の"'Round Midnight"(演奏が悪いわけではない)を外して、"Bags' Groove"も含めた1954年録音のクリスマス・セッションだけの1枚物として発表した方が名盤度も上がったのではないかと思います。しかし、1枚で売るより、1枚分に満たない幾つかの未発表音源と組み合わせて2枚に分けて売った方が2倍の収益が上がると考えたであろう(ミュージシャンからの評判が非常に悪かったと言われる)Prestigeのミュージシャンを無視した商売優先の編集は残念。

 伝説のセッションのエピソードとしてよく紹介される"Man I Love"[Take 2]。アドリブの途中で気が乗らなかったのか突然中途半端にソロを中断したThelonious Monkに対して「早く続けろ」とでも言うようにトランペットを吹き始めるMiles Davis(リズムだけになってしまった演奏を何とか立て直そうとしただけのようですが)、そして展開されるThelonious Monkの素晴らしいピアノ・ソロ。演奏を止めたのか、長すぎる"間"だったのか定かではありませんが、本来なら没になってもおかしく無いテイクから垣間見える特異なモンクのキャラクターと才能、そして"喧嘩セッション"(実際には喧嘩など無かったとはいえ)という曰くを生んだスリリングで緊張感あるテイクとなっています。

関連記事 - Miles Davis 記事一覧

| HOME |

2008年04月19日

Bags' Groove/MILES DAVIS and THE MODERN JAZZ GIANTS (マイルス・デイヴィス)

B0014DM8OSBags' Groove
Miles Davis & Modern Jazz Giants
Universal 2008-04-01


Miles Davis - Bags' Groove [試聴]iTunes Music Store - Bags Groove


 Miles Davis(tp.マイルス・デイヴィス)を始めとする革新的なミュージシャン達が推し進めたジャズの新たなスタイル、ハード・バップ。そのハード・バップ元年ともいえる1954年末のクリスマスに行われた、Miles DavisとThelonious Monk(p.セロニアス・モンク)の所謂"喧嘩セッション"として有名なクリスマス・セッションと前作『Walkin'』を録音した2ヵ月後に行われたSonny Rollins(ts.ソニー・ロリンズ)等とのセッションを収録したアルバム『Bags Groove』(1957年発表)。
 Miles Davisが「俺のソロのバックでピアノを弾くな。」と師匠格ともいえる大先輩、Thelonious Monkに発言したことから伝わる伝説のセッションですが、実際には音楽上の演出効果と自分のトランペットにThelonious Monkのピアノは合わないと感じていたMiles Davisの要望からでた発言であり、モンクが気分を害した可能性はあったとしても、喧嘩セッションというような悪い雰囲気の中で行われたものではなかったようです。
 しかし、面白いことに本作に収録された2テイクの"Bags' Groove"や姉妹盤『Miles Davis and the Modern Jazz Giants』(1958年発表)には喧嘩セッションという通称に違わない緊張感を持ったスリリングな名演が残されており、充分に間を取って鋭く切り込むThelonious Monkのピアノと極めてシンプルに一音一音に緊張感と存在感を持ったMiles Davisのトランペット、そしてその間を突き進むMilt Jackson(vib.ミルト・ジャクソン/MJQ)のリズミカルでメロディアスな気品のあるヴィブラフォン。すべての音が時に宙に分散し、時に絡み合って一体となり飛翔する、唯一無比の3人が醸し出すハード・バップが急速に円熟していった時期の名盤です。(1957年発売)


1. Bags' Groove [Take 1]
2. Bags' Groove [Take 2]
3. Airegin
4. Oleo
5. But Not for Me [Take 2]
6. Doxy
7. But Not for Me [Take 1]

Miles Davis -trumpet (マイルス・デイヴィス)
Thelonious Monk - piano (セロニアス・モンク) Trk.1,2
Milt Jackson -vibraphon (ミルト・ジャクソン) Trk.1,2
Sonny Rollins -tenor sax (ソニー・ロリンズ) Trk.3-7
Horace Silver -piano (ホレス・シルバー) Trk.3-7
Parcy Heath -bass (パーシー・ヒース)
Kenny Clarke -drums (ケニー・クラーク)

*trk.1,2 - 1954年12月24日録音
*trk.3-7 - 1954年 6月29日録音


Thelonious Monk 冒頭2テイクの"Bags' Groove"がJohn Lewis(p.ジョン・ルイス)抜きのThe Modern Jazz Quartetモダン・ジャズ・カルテット/MJQ)、プラスMiles Davis(tp.マイルス・デイヴィス)&Thelonious Monk(p.セロニアス・モンク)によるクリスマス・セッション、その他5曲がSonny Rollins(ts.ソニー・ロリンズ)の楽曲と演奏をフューチャーした演奏です。(クリスマス・セッションの残りの録音は下記『Miles Davis and the Modern Jazz Giants』に収録。)
 Miles Davisの所属するPresitige(プレスティッジ)の要望によるレコーディング初共演のThelonious Monkは、ユニークな演奏と曲想でジャズというより"モンク・ミュージック"という1つのジャンルを形成していると言っても良いミュージシャンですが、間を活かした緊張感のある演奏が創り上げる独特の音空間など、明らかにMiles Davisが影響を受けていたミュージシャンの一人であり、本作でも圧倒的な存在感を持つThelonious MonkにMiles Davisが立ち向かうといった構図が感じられ、そういう意味では"喧嘩セッション"というのも強ち間違いではないのかもしれません。(因みに"Bags"とは作曲者Milt Jacksonのニック・ネーム。=目の下の隈のこと。何かのセッションの時に二日酔いのMilt Jacksonが目の下に隈を作って駆けつけた事から命名された様です。)
 また、1954年6月29日録音曲はMiles Davisが早くから才能を高く評価していたSonny Rollinsを前面に押し出すべくSonny Rollinsのオリジナル曲"Airegin"、"Oleo"、"Doxy"を録音。Sonny Rollinsも御大Miles Davisを前に、持ち味である豪快で朗々と響くブローイングを堪能できる名演を聴かせてくれます。しかし、(重箱の隅をつつくようですが)ドラッグの影響からか若干好不調の波が感じられる部分があるのが残念なところ。2テイク収録されている失恋の歌"But Not For Me"はGeorge Gershwinのミュージカル挿入歌。後年、John Coltrane(ts.ジョン・コルトレーン)、Red Garland(p.レッド・ガーランド)等、多くのミュージシャンにカヴァーされているスタンダードですが、インストゥルメンタルでの演奏では本作『Bags' Groove』でのMiles Davisの演奏がベストではないかと思います。まず、マイルス・ヴァージョンありき、と言った感じでしょうか。(ヴォーカルものではChet Baker/tp,vo.チェット・ベイカーの『Chet Baker Sings』がイチオシ。)
 この録音後、Sonny RollinsはClifford Brown & Max Roach Quintetクリフォード・ブラウン=マックス・ローチ・クインテット)のサイドマンとして復帰する1955年11月まで最初の引退状態に入ります。(この後もSonny Rollinsは1950年代末の人気絶頂時の突然の引退、1961年復帰。そして、1969年の引退、1972年復帰など、演奏面、精神面の問題から三度に渡って引退復帰を繰り返します。)

 リーダーのアドリブを如何に聴かせるかが重要だったBe Bop(ビ・バップ)の時代から1954年頃までのジャズ・コンボは、その時々のレコーディング・セッション、ライブによって集められたメンバーによるものであり、固定されたメンバーによるものは多くはありませんでしたが、演奏者全員の機能的な結びつきが重要視されるハード・バップという音楽の性質上、パーマネントなグループ結成の必要性を感じたMiles Davis(マイルス・デイヴィス)は更なる音楽的なレベルの向上を目指し、この後レギュラー・コンボ、後に黄金のクインテットと呼ばれることになるグループ結成へと向かうことになります。

関連記事 - Miles Davis 記事一覧

| HOME |

2008年04月11日

Walkin'/MILES DAVIS ALL STARS (マイルス・デイヴィス)

B000F8DTCSWalkin'
Miles Davis
Universal Japan 2006-06-13

Miles Davis - Walkin' [試聴]iTunes Music Store - Walkin'


 Miles Davis(tp.マイルス・デイヴィス)を始めとする黒人ミュージシャンのホットでハードな演奏が、白人ミュージシャン主導のクール・ジャズが主流の当時のジャズ・シーンに受け入られず、数々の名演を残しながらも送った不遇の1950年代初頭。本作『The Miles Davis All Stars: Walkin'』は、その後黒人ミュージシャン達の演奏が徐々にシーンに浸透して人気を確立、本来黒人のものであったジャズの覇権を取り戻し、Miles Davis自らもドラック渦を克服して1954年に発表したジャズ・シーンへの完全復活作。
 また、このアルバムが発表された1954年はArt Blakey(ds.アート・ブレイキー)、Clifford Brown(tp.クリフォード・ブラウン) & Max Roach(ds.マックス・ローチ)の双頭コンボ等の優れた作品が発表され、ハード・バップというジャズの新しい時代が遂に到来した記念すべき年でもあります。


1. Walkin'
2. Blue 'N' Boogie
3. Solar
4. You Don't Know What Love Is
5. Love Me or Leave Me

Miles Davis -trumpet (マイルス・デイヴィス)
J.J.Johnson -Trombone (J.J.ジョンソン) Trk.1,2
Lucky Thompson -tenor sax (ラッキー・トンプソン) Trk.3-5
Dave Sildkraut -alt sax (デイヴ・シルドクラウト) Trk.1,2
Horace Silver -piano (ホレス・シルバー)
Parcy Heath -bass (パーシー・ヒース)
Kenny Clarke -drums (ケニー・クラーク)

*trk.1,2 - 1954年4月29日録音
*trk.3-5 - 1954年4月 3日録音

 ハード・バップ・スタイルが確立され、Miles Davis(tp.マイルス・デイヴィス)の確信が自信へと変わった力強い演奏で繰り広げるモダン・ブルーズの名セッションです。
 様々なスタイルに形を変えて1960年代まで演奏され続けることになる、タイトル・ナンバーであり、モダン・ジャズを代表する名演のひとつ"Walkin'"。1964年のライブ盤『Four & More(フォー・アンド・モア)』でのTony Williams(ds.トニー・ウイリアムス)の怒涛のドラミングで疾走するヴァージョンも有名ですが、本作ではブルース・フィーリング溢れる"Walkin'"を堪能できます。
 その他の収録曲も名曲、名演揃い。今一歩参加メンバーには浸透しきっていない部分も感じられますが、当時Miles Davisが新たに目指したグループの統一感と躍動感、そして間を生かしたクールでソフトなハード・バップ・スタイルの方向性が、しっかりと表現されたアルバムです。
 前半2曲のブルーズ・セッション(ブルーズとは言っても2曲目の"Blue 'N' Boogie"のノリと勢いはロックン・ロール並み)の熱演に続き後半はMiles Davisの時に力強く、時に繊細な、叙情性豊かな必殺ミュート・トランペットが炸裂。後年Miles Davisのミュート奏法は更に進化して表現力を増しますが、本作でも充分素晴らしい演奏を聴かせてくれます。ピアノのHorace Silver(p.ホレス・シルヴァー)もスウィング感のある明朗なフレーズを繰り出して全篇に渡って好調。ラストの"Love Me or Leave Me"でのKenny Clarke(ds.ケニー・クラーク)の軽快なブラッシュ・ワークも見事。

関連記事 - Miles Davis 記事一覧

| HOME |

Recent Entries

  1. 'Round About Midnight/MILES DAVIS (マイルス・デイヴィス)
  2. Miles Davis and the Modern Jazz Giants/MILES DAVIS and THE MODERN JAZZ GIANTS (マイルス・デイヴィス)
  3. Bags' Groove/MILES DAVIS and THE MODERN JAZZ GIANTS (マイルス・デイヴィス)
  4. Walkin'/MILES DAVIS ALL STARS (マイルス・デイヴィス)

PR


120×90