Search


since 2005.03.13

2006年10月23日

The Captain and Me/THE DOOBIE BROTHERS (ドゥービー・ブラザーズ)

B000002KERThe Captain and Me
The Doobie Brothers
Wea Japan 1990-10-25

The Doobie Brothers [試聴]iTunes Music Store - The Doobie Brothers


 LAのEAGLESイーグルス)と並んで1970年代のウエストコースト・サウンドを代表するサンフランシスコのロック・バンド"THE DOOBIE BROTHERS"(ドゥービー・ブラザーズ)が1973年に発表した3rdアルバム。
 約13年間の活動期間中(1989年の再結成後は除く)に幾度かのメンバー・チェンジを行いながら、その都度多彩な才能を持つ新加入メンバーの個性を名プロデューサー、Ted Templeman(テッド・テンプルマン)の元で上手くバンドの音楽性に反映させ、数々の名盤、ヒット曲を産み出してきたTHE DOOBIE BROTHERS。本作『The Captain and Me(キャプテン・アンド・ミー)』はTom Johnston(vo,g.トム・ジョンストン)の豪快なヴォーカルとドライブ感溢れる演奏、そしてウエストコーストらしい軽快なメロディーとハーモニーで人気を博した、ギターのリズム・カッティングが印象的な"Long Train Runnin'"、"China Grove"などの人気曲を含む初期THE DOOBIE BROTHERSの代表作です。


1. Natural Thing
2. Long Train Runnin'
3. China Grove
4. Dark Eyed Cajun Woman
5. Clear as the Driven Snow
6. Without You
7. South City Midnight Lady
8. Evil Woman
9. Busted Down Around O'Connelly Corners
10. Ukiah
11. Captain and Me

Tom Johnston :vo,g.トム・ジョンストン
Patrick Simmons :g,vo.パトリック・シモンズ
Tiran Porter :b.タイラン・ポーター
John Heartman :dr.ジョン・ハートマン
Michael Hossack :dr.マイケル・ホザック

guest
Jeff Baxter :g.ジェフ・バクスター

 ゲスト・ミュージシャンとしてSTEELY DAN(スティーリー・ダン)のJeff Baxter(g.ジェフ・バクスター)を迎え、トリプル・ギター、ツイン・ドラムでの豪快な演奏でアメリカン・ロックを代表するバンドになったTHE DOOBIE BROTHERS(ドゥービー・ブラザーズ)は次作『What Were Once Vices Are Now Habits(ドゥービー天国)』(1974年)からのシングルカット曲"Black Water"で初の全米1位を獲得し、遂にアメリカン・ロックの頂点まで上り詰めます。

 しかし、このまま黄金時代が続くかと思われたTHE DOOBIE BROTHERSでしたが、予約だけでミリオン・セラーを達成した『Stampede』(1975年)発表後にメイン・ソングライターでもあったTom Johnston(vo,g.トム・ジョンストン)が病気の為に休養、その後に控えたツアーためにSTEELY DANを脱退して既にTHE DOOBIE BROTHERSの正式メンバーとなっていたJeff Baxter(g.ジェフ・バクスター)が同じく元STEELY DANのツアー・メンバーだったMichael McDonald(vo,key.マイケル・マクドナルド)をTom Johnstonの代役として呼び寄せてツアーを再開することになります。
 ヴォーカリストとソング・ライターを失い、復帰の目処も立たないTHE DOOBIE BROTHERSは、Tom Johnstonとは声質も音楽性も違いながらTom Johnston休養後のツアーを成功させ、ソング・ライティングにも優れたMichael McDonaldを正式メンバーとして迎え『Takin' To The Streets(ドゥービー・ストリート)』(1976)を発表。二人の元STEELY DANのメンバーを加え、メインのソング・ライティングもMichael McDonaldに委ねたTHE DOOBIE BROTHERSの音楽性は一気に様変わりし、ドライブ感溢れる豪快なロック・サウンドは失われてしまいますが、反対にMichael McDonald、Jeff Baxterのジャズ寄りの音楽性を反映した、そしてなによりMichael McDonaldのソウルフルな歌声を生かした新しいサウンドはロック・ファンだけに止まらず一般的な音楽ファンにも好評でセールス的にも成功。徐々にMichael McDonald主導のバンドへと変貌していきます。1977年に病気療養中だったTom Johnstonがバンドに復帰するものの、既にバンド内に居場所は無く、『Livin' On The Fault Line(運命の掟)』(1977)発表後に自ら身を引いて正式に脱退、以後バンドは徐々にMichael McDonaldのワンマン・バンド化して行く事になります。

 Michael McDonald(マイケル・マクドナルド)サウンドの後期THE DOOBIE BROTHERS(ドゥービー・ブラザーズ)はその後もヒット曲を連発していきますが、最後のオリジナル・メンバーであったPatrick Simmons(g,vo.パトリック・シモンズ)の脱退を切っ掛けに、1982年の"Farewell Tour"を最後に解散の道を選びます。
 しかし、上記のようなバンドの経緯をたどるとメンバー間の確執等、解散後も影響を残しそうに思われますが、前記"Farewell Tour"にはTom Johnstonが参加、その後1989年にTom Johnstonを中心にした初期サウンドで再結成されて以降も大きなイベント等の際にはMichael McDonaldや他の元メンバーがゲストで参加するなど、メンバー・チェンジが活発で、音楽性もMichael McDonaldの加入を分岐点に大きく変わったバンドにしては、ファンの賛否両論とは裏腹にメンバー間の確執という物が全く無いという珍しいバンドで、メンバー各自の音楽的個性を尊重し、音楽活動の自由度も高かった、THE DOOBIE BROTHERSは正に"ブラザー"といえるミュージシャンの集合体だったのではないでしょうか。
*1989年の再結成についても1987年に行われたベトナム帰還兵救済チャリティー・コンサートにおいて、かつて在籍した12人のメンバーが一堂に会した再結成ライブが切っ掛けになっています。


■関連記事→ Minute by Minute/THE DOOBIE BROTHERS


B00005OOHCグレイテスト・ヒッツ
ドゥービー・ブラザーズ
ワーナーミュージック・ジャパン 2001-10-24

B00000JZAY1970-2000/Long Train Runnin'
The Doobie Brothers
Rhino 1999-09-28

The Doobie Brothers [試聴]iTunes Music Store - The Doobie Brothers


| HOME |

2006年10月14日

Hotel California/THE EAGLES (イーグルス)

B000002GVOHotel California
Eagles
WEA International 1990-10-25

 カントリー・ロックからの影響とハード・ロック的なサウンドが共存したアメリカン・ロックを演奏するウエストコーストを代表するバンド、EAGLES(イーグルス)がロック界の大物ギタリストであるJoe Walsh(ジョー・ウォルシュ/THE JAMES GANG 〜 solo)を加えて1976年に突如発表した5thアルバム『Hotel California(ホテル・カリフォルニア)』。
 "度数の高い蒸溜酒"の意であるスピリッツと"精神"をかけて「1969年以来スピリットはない」と歌われるタイトル・ナンバー"Hotel California(ホテル・カリフォルニア)"で、アメリカ、そして60年代末から続いてきたロックへの幻想に終止符を打ち、徐々に商業主義に融合せざるを得なかったバンドの敗北宣言ともいえる内容を持つ本作は、皮肉にもEAGLESを世界的なロック・バンドに押し上げると共に現在までに全世界で1600万枚以上のセールスを上げたモンスター・アルバムです。


1. Hotel California
2. New Kid in Town
3. Life in the Fast Lane
4. Wasted Time
5. Wasted Time (Reprise)
6. Victim of Love
7. Pretty Maids All in a Row
8. Try and Love Again
9. Last Resort

Glenn Frey :vo,cho,g,key.グレン・フライ
Don Henley :vo,cho,ds.ドン・ヘンリー
Randy Meisner :b,vo,cho.ランディー・マイズナー
Don Felder :g,cho.ドン・フェルダー
Joe Walsh :g,vo,cho,key.ジョー・ウォルシュ


 EAGLES(イーグルス)は1971年にLinda Ronstadt(リンダ・ロンシュタット)のバック・バンドとして集められたGlenn Frey(グレン・フライ)、Don Henley(ドン・ヘンリー)、Bernie Leadon(vo,cho,g,banjo,steel guitar,mandolin.バーニー・リードン)、Randy Meisner(ランディー・マイズナー)によって結成され、1972年に『Eagles(イーグルス・ファースト)』でデビュー、シングル"Take it Easy"のヒットにより一躍ウエストコーストを代表するバンドとなります。

 Bernie Leadonの弾くバンジョー、スティール・ギター、マンドリンが印象的なカントリー・ロックとハード・ロック的な要素を持った楽曲を共存させたアルバム作りで以後、西部のアウトローとロック・ミュージシャンを重ね合わせたトータル・アルバム『Desperado(ならず者)』(1973年)、『On The Border(オン・ザ・ボーダー)』(1974年)と次々と良作アルバムを発表。
 しかし、セールス面を意識してのレーベル側の意向からか、バンドの主導権を握りつつあったGlenn FreyとDon Henleyのソング・ライティングの方向性からか、徐々に強まっていたバンドのハード・ロック色は1975年にリード・ギタリストとして参加したDon Felder(g,cho.ドン・フェルダー)により更に強化され、同年に発表した『One Of These Nights(呪われた夜)』(1975年)で遂に全米1位を獲得、同時期に発売されて後に2600万枚以上のセールスを上げることになる『Eagles - Their Greatest Hits 1971-1975(グレイテスト・ヒッツ)』のヒットとあわせてバンドは一気にトップ・グループへと駆け上がります。
 『One Of These Nights』は各楽曲の出来も良く、完成度の高い傑作アルバムに仕上がりセールス的には成功したものの、若干カントリー・ロック色は残しながらもデビュー当初のEAGLESとはかけ離れたサウンドとなり、初期EAGLESのサウンドとカントリー・ロック色を決定付けていたBernie Leadonが脱退。残ったバンドのメンバー自身もカントリー・ロック色を薄めてハード・ロック色やその他の要素を取り入れることによってヒット曲が生まれる事に苦悩しますが、結局Bernie Leadonの後任にはTHE JAMES GANG(ジェイムス・ギャング) 〜 soloでの活動で当時EAGLES以上の大物ミュージシャンであったJoe Walsh(g,vo,cho.ジョー・ウォルシュ)が参加、バンドのカントリー・ロック色の更なる排除とハードなサウンド面の強化が決定付けられることになります。(日本ではEAGLESへの加入、そして『Hotel California』の大ヒットによって良く知られるようになったJoe Walshですが、欧米では人気、認知度はEaglesよりJoe Walshの方が高く、バンド加入以前からソロ・ミュージシャンとしてEagles以上の人気を誇っていた。)

 本作『Hotel California(ホテル・カリフォルニア)』は、『One Of These Nights』以上のヒットを期待されるプレッシャーの中で、70年代のウエストコースト・サウンド・ブームを影で支えたソング・ライターJohn David Souther(JDサウザー)の協力を得ながら、Joe WalshとDon Felderの二人のロック・ギタリストのツイン・リード・ギターをフューチャーして新たなウエストコースト・サウンドを確立させた、ウエストコーストの音楽シーンだけでなくアメリカン・ロック史上に残る名盤です。また、このアルバムに関しては商業主義との迎合、ロックの精神からは掛け離れたセールス至上主義的なミュージック・シーンへの懐疑心、そしてアルバム制作へのプレッシャーなど、メンバーの苦悩の末に生み出された、前作『One Of These Nights』からその兆候はあったとはいえ、EAGLESの作品群の中では異色の作品であり、言わば突如生まれた偉大な作品。EAGLESにとっても代表作ではありますが、発売後から既にEAGLESというバンドから独り歩きを始めた『Hotel California』というアルバム自体が巨大な存在感を持つ、ロックという音楽における最高傑作のひとつと言えます。

 シングル・カットされて共に全米1位獲得した、未だにその歌詞が様々な憶測を呼び、後半のツイン・ギターのリフレインが美しくも悲しいタイトル・ナンバー"Hotel California"、Hall & oates(ホール&オーツ)のDARYL HALL(ダリル・ホール)のことを歌ったと言われる"New Kid in Town"他収録。(シングル"Hotel California"は1977年度グラミー賞・最優秀レコード賞受賞。)


One of These Nights - 呪われた夜(1975)

B0000262TLOne of These Nights
Eagles
Warner 1989-01-01

Eagles - Their Greatest Hits 1971-1975 (1975)

B000002GVSEagles - Their Greatest Hits 1971-1975
Eagles
Elektra/WEA 1990-10-25

 2600万枚以上のセールスを上げ、アメリカで最も売れたアルバムとして認定されたEAGLES(イーグルス)のベスト盤。1972年のデビュー作『Eagles(イーグルス・ファースト)』から4thアルバム『One of These Nights(呪われた夜)』までの代表曲を収録。
*翌1976年発表の『Hotel California(ホテル・カリフォルニア)』からの楽曲は当然ながら収録されていません。


パーフェクト・ヒッツ1971〜2001パーフェクト・ヒッツ1971〜2001
ザ・イーグルス

 デビュー曲"Take it Easy"から、アメリカンロック史上に残る名曲"Hotel California"、1994年の再結成後の楽曲までを収録した、バンド結成30周年記念盤。


| HOME |

2006年10月07日

Live at Leeds/THE WHO (ザ・フー)

B00005NB0HLive at Leeds - DELUXE Edition
The Who
MCA 2001-09-18

ザ・フー - Live at Leeds [試聴]iTunes Music Store - Live at Leeds


 モッズ・ファッションで身を包み、他のバンドを圧倒するライブ演奏力とギターやドラムを破壊するパフォーマンスで1960年代から1970年代にかけて欧米でTHE BEATLESザ・ビートルズ)、THE ROLLING STONESザ・ローリング・ストーンズ)と並ぶ人気を誇り、1982年に一旦解散した後も幾度かの再結成を行い現在もロック界の重鎮として活動を続けるTHE WHO(ザ・フー)が、ライブ・レコーディング前提で1970年にリーズ大学の食堂を利用して少数の観客の前で行った公演を収録したTHE WHOのライブの魅力を全て詰め込んだ歴史的名盤です。


Disc1
1. Heaven & Hell *
2. I Can't Explain *
3. Fortune Teller *
4. Tattoo *
5. Young Man Blues
6. Substitute
7. Happy Jack *
8. I'm A Boy *
9. A Quick One,While He's Away *
10. Summertime Blues
11. Shakin' All Over
12. My Generation
13. Magic Bus

Disc 2
『Tommy』 20songs

Roger Daltrey :vo.ロジャー・ダルトリー
Pete Townshend :g.ピート・タウンゼント
John Entwistle :b.ジョン・エントウィッスル
Keith Moon :dr.キース・ムーン


 イマジネーションとアイディア溢れるギター・ワークを派手なアクションで決めるバンドの頭脳Pete Townshend(g.ピート・タウンゼンド)。ジェイムス・ブラウンの影響が垣間見えるソウルフルな唱法と熱狂的なシャウト、ルックス的にもスター性抜群のRoger Daltrey(vo.ロジャー・ダルトリー)。ディストーションを効かせたベースをリード・ギターのように掻き鳴らすJohn Entwistle(b.ジョン・エントウィッスル)。ハイハットを使わない独特のドラム奏法(マーチング・ドラムに影響を受けたのではないかと思われます)で異常に高いテンションで超絶テクニックを連発しながら、リズム・キープに止まらず、ギター、ベース、ドラムという最小編成での演奏をカバーして余りある、ドラムをまるでメロディー楽器のように操る奇才Keith Moon(dr.キース・ムーン)。
 ロック・ミュージシャンとして優れた才能、個性を備えた4人のメンバーによって1964年に結成されたTHE WHO(ザ・フー)はデビュー・シングル"I Can't Explain"のヒット以来、代表曲の1つであり当時イギリスで流行したモッズの合言葉にもなった"My Generation"などのシングル・ヒットを連発。ライブ演奏のレベルも当時のロック・バンドの中では非常に高く、スタジオ盤以上の圧倒的な迫力を持って演奏されるヒット曲、凄まじく破壊的なパフォーマンス(実際にギター、アンプなどを叩き壊してしまう)にロック・ファンは熱狂。たちまちトップ・バンドへ駆け上がります。

 本作『Live at Leeds(熱狂のライブ)』は、それまでヒット・ソング・グループであったTHE WHOが本格的なコンセプト・アルバム、ロック・オペラ『Tommy(トミー)』(1969年)を発表してアルバム・アーティストとして高い評価を得て、演奏力、創造力共に全盛期にあった時期の演奏を収めたロック史上に残る名作ライブ・アルバムです。
 アルバム発表当時は約40分弱、全6曲がアルバム1枚に凝縮された形で発売されましたが、発売25周年リマスター盤の『Live at Leeds - 25th Edition』でそれまで未発表だった7曲が追加され(上記収録曲の*印)、現在ではロック・オペラ『Tommy(トミー)』の収録曲をほぼ全曲演奏したライブ・テイクがDisc 2として追加された完全版『Live at Leeds - Deluxe Edition』が発売されています。

The BBC SessionsThe BBC Sessions 1965-1973
The Who

 上記『Live at Leeds』はハード・ロック全盛の1970年の発表ということもあり、特に当初収録されていた6曲に関しては(バンド自身もハード・ロック・サウンドに影響を受けて)ハードな面を強調した演奏になっており、当時欧米に較べて評価、人気ともに低く、あまり理解されていなかった日本ではヒットした『Live at Leeds』での演奏によってTHE WHO(ザ・フー)はハード・ロック・バンド的な捉えられ方をしていましたが、実際には2003年になって発表された『The BBC Sessions 1965-1973(BBCセッションズ)』で聴くことの出来る演奏が本来のTHE WHOの音楽といえます。
 現在BBC Sessionsはシリーズ化されて色々なバンドの音源が発掘されて発売されていますが、個人的にはこの『The Who :The BBC Sessions 1965-1973』はLED ZEPPELIN(レッド・ツェッペリン)の『The BBC Sessions』と並ぶ名盤であり、THE BEATLES(ザ・ビートルズ)などと並び評されるTHE WHOのブリティッシュ・ロック・バンドとしてのポップな面、ビート感、そして独特の捻くれ方など、THE WHOの魅力を余す事無く堪能できるアルバムだと思います。


Tommy (1969)

B000007621Tommy
The Who
Polydor 2000-10-30

ザ・フー - Tommy [試聴]iTunes Music Store - Tommy


 Pete Townshend(g.ピート・タウンゼント)のコンセプトを元に作り上げられた壮大なロック・オペラ『Tommy(トミー)』。THE WHO(ザ・フー)を代表する名盤の1つで、その世界観は後にオーケストラでの演奏ヴァージョン、Roger Daltrey(vo.ロジャー・ダルトリー)主演による映画化、そしてミュージカル化など幅広く拡がっていきます。


The Ultimate Collection

B000065UFDThe Ultimate Collection
Who
Mca 2002-06-11

ザ・フー - The Who: Ultimate Collection [試聴]iTunes Music Store - The Who: Ultimate Collection


 ヒット・ソング・グループであった初期THE WHO(ザ・フー)の魅力溢れるシングル曲、そして全キャリアにおける代表曲を聴くことの出来るベスト盤。
 こういったコンピレーション盤は、誰もを満足させることは不可能だとしても、選曲的に不満が残るものも多いのですが、この2枚組のCDは選曲の割り切り方がハッキリしており、数あるTHE WHOのベスト盤の中でもTHE WHO入門編としても、長年のファンの方がベスト盤を1枚持っておきたいと考えた時に選ぶCDとしてもお勧めではないかと思います。


Who's Next (1971)

B000002OX7Who's Next
The Who
MCA 1995-11-07

ザ・フー - Who's Next [試聴]iTunes Music Store - Who's Next


 Pete Townshend(g.ピート・タウンゼント)自らも語るTHE WHO(ザ・フー)の最高傑作。『Tommy(トミー)』に続く構想として映画化前提で制作に入りながら、余りにもスケールが大きすぎたため未完成に終わった『Lifehouse』の収録予定曲を集めたのが本作『Who's Next(フーズ・ネクスト)』です。パワフルな演奏と新たにシンセサイザーを導入するなど、更に音楽の幅も広がり『Tommy』後の充実期ということもあり各楽曲の完成度は高く、全英1位、全米4位となる大ヒットを記録した名盤です。もし『Lifehouse』が完成していたら遥かに『Tommy』を超える作品になったことは疑うべくも無い程の傑作。
 THE WHOの代表作としては話題性、その後の影響力から『Tommy』があげられることが多いのですが、その時代ならでは評価というものもあり、新たにTHE WHOを聴いてみようと考えている方はライブの傑作『Live at Leeds(熱狂のライブ)』と本作『Who's Next』から聴いた方がTHE WHOの魅力がきちんと伝わるのではないかと思います。

Who's NextWho's Next - DELUXE Edition
The Who


| HOME |

Recent Entries

  1. The Captain and Me/THE DOOBIE BROTHERS (ドゥービー・ブラザーズ)
  2. Hotel California/THE EAGLES (イーグルス)
  3. Live at Leeds/THE WHO (ザ・フー)

PR


120×90