Search


since 2005.03.13

2006年07月24日

Larry Carlton/LARRY CARLTON (ラリー・カールトン)

B000002PI9Larry Carlton
Larry Carlton
MCA 1990-10-25

[日本盤] 夜の彷徨(さまよい)/ラリー・カールトン

 60年代末からLAのスタジオ・ミュージシャンとして活躍し、愛用の1968年製"Gibson ES-335"から"Mr.335"と呼ばれた1970年代のフュージョン・ブームを牽引したトップ・ギタリスト"Larry Carlton"(ラリー・カールトン)が"The Crusaders"(ザ・クルセイダーズ)脱退後の1978年に発表した3枚目のソロ・アルバム。Larry Carlton自身の代表作となるだけでなくフュージョンといえばこのアルバムを思い浮かべる人も多いであろう1970年代フュージョン・ミュージックの最高峰。


1. Room 335
2. Where Did You Come From
3. Nite Crawler
4. Point It Up
5. Rio Samba
6. I Apologize
7. Don't Give It Up
8. (It Was) Only Yesterday

Larry Carlton (g.ラリー・カールトン)
Greg Mathieson (key.グレッグ・マティソン)
Abraham Laboriel, Sr. (b.エイブラハム・ラボリエル)
Jeff Porcaro (ds.ジェフ・ポーカロ)
Paulinho da Costa (per.ポーリーニョ・ダ・コスタ) etc.

 軽やかなナチュラル・ディストーションと心地良いサスティーン、独特且つ的確なチョーキング、繊細でまろやかなトーン、そして鮮やかなフィンガリングから産み出される一音一音のニュアンスが絶妙で流れるような華麗なギター・フレーズの数々。ジャズ、ポップ、ロック、ブルース等、あらゆるジャンルの音楽を吸収して、そこに自らのオリジナリティーを加えた高い音楽性(但し、作曲面に関しては弱点と言わざるを得ません)を誇る"ギター職人"Larry Carltonのギター・プレイは当時のギター・プレイヤーのみならず、一般の音楽ファンをも巻き込み、もう一方の雄であるLee Ritenour(リー・リトナー)と共に1970年代末にフュージョン・ギター・ブームを巻き起こしました。

 Larry Carlton(g.ラリー・カールトン)がSTEELY DAN(スティーリー・ダン)の"Peg"を発展させて完成させた代表曲"Room 335"、スピード感溢れるアグレッシブなプレイが聴ける"Point It Up"、ファンク・ナンバー"Rio Samba"他収録。


The Baked Potato Super Live! (1982)

B00005K0WFThe Baked Potato Super Live!
グレック・マティソン・プロジェクト
インディペンデントレーベル 1999-09-30

[日本盤] The Baked Potato Super Live! - @Tower.jp

 Larry Carlton(ラリー・カールトン)の相棒的存在ともいえるGreg Mathieson(key.グレッグ・マティソン)のGreg Mathieson Project(グレッグ・マティソン・プロジェクト)が1981年12月13、14、15日にロサンゼルスの老舗ライヴハウス「Baked Potato(ベイクド・ポテト)」で行ったセッションを収録したライブ・アルバム。参加メンバーはSteve Lukather(g.スティーブ・ルカサー)、Robert "Pops" Popwell(b.ロバート・ポップウェル)、Jeff Porcaro(ds.ジェフ・ポーカロ)。Greg Mathiesonのリーダ作ですが、自身はプロデューサー的なポジションでセッション全体を見渡し、参加メンバーが伸び伸びとプレイできるように気を配る、と言ったようなポジションに立ってプレイしています。
 当時人気絶頂のTOTO(トト)からSteve Lukather、Jeff Porcaroが参加しており、全編インスト・ナンバーのこのアルバム『The Baked Potato Super Live!』では、バンドのアンサンブルを重視したサウンド作りをするTOTOでは聴くことが出来ない二人の超絶プレイを聴くことが出来ます。(特にJeff Porcaroは正に絶好調。)
 Steve Lukatherのギターが炸裂するハード・ロック・ナンバー"Bomp Me"、Robert "Pops" PopwellとJeff Porcaroのリズム隊が絶妙なコンビネーションを聴かせる"I Don't Know"他収録。


B0009V1FCCザ・ヴェリー・ベスト・オブ・ラリー・カールトン
ラリー・カールトン
ユニバーサルクラシック 2005-07-27

 フュージョン・ミュージックの代表的なギタリストであり、火付け役ともなったLarry Carlton(ラリー・カールトン)の1980-1990年代までのベスト・アルバム。


| HOME |

Recent Entries

  1. Larry Carlton/LARRY CARLTON (ラリー・カールトン)

PR


120×90