Search


since 2005.03.13

2006年05月23日

Pyromania/DEF LEPPARD (デフ・レパード)

B000001F2VPyromania
Def Leppard
Mercury 1990-10-25

Def Leppard [試聴]iTunes Music Store - DEF LEPPARD


 1980年に1stアルバム『On through the Night』でデビュー、1981年には2ndアルバム『High 'n' Dry』と良作のハード・ロック・アルバムを立て続けに発表して1980年代のヘビメタブーム(NWOBHM)の中心的存在になりつつあったDEF LEPPARD(デフ・レパード)が、ギタリストのPete Willis(ピート・ウィルス)脱退後、新たに元GIRLのPhil Collen(G.フィル・コリン)を加え、前作から引き続きプロデュースに、後に6人目のLEPPSと呼ばれることになるJohn "Mutt" Lange(マット・ラング)を迎えて製作した渾身の3rdアルバム。(1983年発表)


1. Rock Rock ('Til You Drop)
2. Photograph
3. Stagefright
4. Too Late for Love
5. Die Hard the Hunter
6. Foolin'
7. Rock of Ages
8. Comin' Under Fire
9. Action! Not Words
10. Billy's Got a Gun

Joe Elliot・・・(Vo.ジョー・エリオット)
Steve Clark・・・(G.スティーヴ・クラーク)
Phil Collen・・・(G.フィル・コリン)
Rick Savage・・・(B.リック・サヴェージ)
Rick Allen・・・(Dr.リック・アレン)

def_leppard_80s.jpg アメリカで非常に良く売れたアルバムですが、一般的なアメリカン・ハード・ロックの豪快で明るいロックン・ロールに較べると、ポップで明るい曲調ながらもメロディー・ライン、コーラス・ワークなどに特徴があり、やはりイギリスのバンドだけあってブリティッシュ・ロックの香りがするバンドです。そういった部分が反対にアメリカで成功した原因なのかもしれません。また、『Pyromania (炎のターゲット)』発表後も本作以上に大ヒットを記録した『Hysteria (1987)』『Adrenalize(1992) 』と名盤を発表し続けることになりますが、DEF LEPPARD(デフ・レパード)のハード・ロック・バンドとしてのパワフルさを一番感じさせてくれるのが、このアルバム『Pyromania』ではないかと思います。
 収録曲の全てをシングル・カットしても良いほど各楽曲の出来が良く(所謂"捨て曲無し")、アルバムの構成、アレンジ等も緻密に練りこまれた完成度の高さを持っており、本作『Pyromania』はプラチナ・ディスクを獲得する大ヒットを記録。DEF LEPPARDを世界的なバンドに押し上げると共に、80年代ハード・ロック、ヘヴィ・メタルを代表する名盤の1枚。今でこそ1980年代の"産業ロック"的な音といえるかもしれませんが、当時としてはまだ狙っていない時期でもあり(DEF LEPPARD独自のサウンドの完成を目指しただけ)、それだけにそのサウンドは革新的でパワフル。

 酒、ドラッグ等の問題で活動に支障をきたしつつあったPete Willis(G.ピート・ウィルス)に代わって本作からPhil Collen(G.フィル・コリン)がメンバーに加わっていますが、リリースのスケジュール上、ギターの録音の差し替えが間に合わず、Phil Collenはギター・ソロ録音など、アルバム製作への参加は僅か。DEF LEPPARD(デフ・レパード)というとPhil Collen参加以降に楽曲、音作りに緻密さが加わったという印象が有りますが、実際には本作でのギター・サウンドは殆どがPete Willisによるもので、Phil Collenの本領発揮は次作『Hysteria (1987)』から。このことはPhil Collen参加云々以前にDEF LEPPARDとJohn "Mutt" Lange(マット・ラング)は、既にこのアルバム以降で聴くことが出来るようなLEPPSサウンドへと向かいつつあったと考えられ、そういう流れの中でPhil Collenの参加はベスト・マッチだったと考えるのが正解かもしれません。

Steve_Clark.jpg DEF LEPPARD(デフ・レパード)は『Pyromania』(1983年)発表以降、アルバム発表のペースが落ちていきますが、緻密な音作り故に膨大な時間を必要とする、ということ以上に、本作『Pyromania』発表の翌年には早くもニュー・アルバム『Hysteria』(1987年)の製作に入っていたのにも拘らずRick Allen(Dr.リック・アレン)が交通事故によって左肩を切断してしまう不幸に見舞われアルバム製作をストップ、『Adrenalize』(1992年)製作中の1991年にはSteve Clark(G.スティーヴ・クラーク)がアルコール中毒で死去、急遽Phil Collen(G.フィル・コリン)がギター・パートを全て担当してアルバムを完成させることになるなど、バンド・メンバーの不幸によって活動に支障をきたすことが多いバンドでもあります。
 しかし、1990年代後半以降はそれまでのようなメンバーの不幸に見舞われることもなくなり、固定したメンバーでしっかりと腰をすえてアルバム作りに没頭し、更に素晴らしいサウンドを聴かせて貰えると思いきや、個人的には『Pyromania』『Hysteria』『Adrenalize』を超えるアルバムを聴くことが出来ず、実はアルバム製作では目立った印象を与えないものの、ライブではレス・ポールを振り回しながら激しいアクションでギターを弾き、ギタリストとしての格好良さとロック・ミュージシャンとしての華を持っていたSteve Clark(G.スティーヴ・クラーク)の存在がバンドにとってあまりに大きかったのではないか、と思えてなりません。

Rick Allen(Dr.リック・アレン)は後にエレクトリック・ドラムなどの使用により片腕というハンディを乗り越えてバンドに復帰。
*『ADRENALIZE』完成後のツアーから正式メンバーとしてVivian Campbell(ex.DIO、WHITESNAKE/ヴィヴィアン・キャンベル)がバンドに参加。

def%20leppard.jpg


Rock of Ages: The Definitive Collection

B0009299LURock of Ages: The Definitive Collection
Def Leppard
Mercury 2005-05-17

Def Leppard [試聴]iTunes Music Store - DEF LEPPARD


Def Leppard(デフ・レパード)の最新ベスト盤。1980年のデビューアルバム『On Through The Night』から最新作『Yeah!』(2006年)まで全35曲収録。


[DEF LEPPARD DISCOGRAPHY]
ON THROUGH THE NIGHT (1980)
HIGH’N’DRY (1981)
PYROMANIA (1983)
HYSTERIA (1987)
ADRENALIZE (1992)
RETRO ACTIVE (1993)
SLANG (1996)
EUPHORIA (1999)
X (2002)
YEAH! (2006)
[リンク先のAmazonで試聴できます。*『YEAH!』除く。]
Def Leppard [試聴]iTunes Music Store - DEF LEPPARD


| HOME |

Recent Entries

  1. Pyromania/DEF LEPPARD (デフ・レパード)

PR


120×90