Search


since 2005.03.13

2005年03月31日

Waiting for Columbus/LITTLE FEAT (リトル・フィート)

B0000631EDWaiting for Columbus
Little Feat
WEA Japan 2002-04-15

 元フランク・ザッパ&マザースのLowell George(G.ローウェル・ジョージ)を中心に結成されたLITTLE FEAT(リトル・フィート)が、ゲストにTower Of Power(タワー・オブ・パワー)のホーンセクションを迎えてスタジオ盤以上の素晴らしいパフォーマンスを繰り広げるアメリカン・ロックを代表するライブ・アルバム!(1978年発表・7作目)

1.Join the Band
2.Fat Man in the Bathtub
3.All That You Dream
4.Oh Atlanta
5.Old Folks' Boogie
6.Time Loves a Hero
7.Day or Night
8.Mercenary Territory
9.Spanish Moon
10.Dixie Chicken
11.Tripe Face Boogie
12.Rocket in My Pocket
13.Willin'
14.Sailin' Shoes
15.Feats Don't Fail Me Now

Lowell George :Guitar,Vocal (ロウエル・ジョージ)
Paul Barrere :Guitar,Vocal (ポール・バレール)
Bill Payne :key,Vocal (ビル・ペイン)
Kenny Gradney :bass (ケニー・グラッドニー)
Richard Hayword :drums (リチャード・ヘイワード)
Sam Clayton :perc (サム・クレイトン)

little feat.jpg ヒット・チャートを騒がせるような音楽ではありませんが、メンバーの3人がマザースのメンバーであったり、どちらかと言えば実際に音楽をやっている側(特に黒人音楽に影響を受けたイギリスのミュージシャン)からの評価が高いバンド、いわゆる通好みのバンドです。聴衆からの人気も「これぞアメリカン・ミュージック」という音楽にもかかわらず、本国よりもイギリスの方が高かったようです。

Lowell George.jpg バンドの核となるLowell George(ローウェル・ジョージ)はバンドの音楽面だけでなく、スライドギター・プレイヤーとしても有名ですが、Lowell Georgeのそれはブルースを基本としながらも個性的なスタイルを持っています。それまでのブルース然としたスライド・ギターの奏法をDuane Allman(デュアン・オールマン)、Jesse Ed Davis(ジェシ・エド・デイビス、John Lennon/ジョン・レノンの「Stand By Me/スタンド・バイ・ミー」のスライド・ソロなどで有名なセッション・ギタリスト)、George Harrison(ジョージ・ハリスン)等とともに(それぞれアプローチの方法、テクニック的な違いはありますが)スライド・ギターの可能性を広げた一人ではないかと思います。

 リズム隊も強力で黒人音楽に影響を受けながらもオリジナリティーのある、ファンキーで粘りのあるリズムをたたき出しています。LED ZEPPELIN(レッド・ツェッペリン)在りし頃のJimmy Page(ジミー・ペイジ)がインタビューで好きなバンドとしてLITTLE FEAT(リトル・フィート)の名前を挙げていましたが、LITTLE FEATのRichard Hayword(Dr.リッチー・ヘイワード)とJohn Bonham(Dr.ジョン・ボーナム/LED ZEPPELIN)のリズムの取り方やタイム感など、かなり近いものが感じられます。John Bonhamの死後、John Bonhamの後任として名前が挙がったのはCozy Powell(コージー・パウエル)が有名ですが、しっかりと(噂の粋を出ませんが)Richard Haywordの名前も候補として上がっていましたし、LED ZEPPELIN解散後のRobert Plant(Vo.ロバート・プラント)のソロ・ツアーにはドラマーとしてRichard Haywordが参加していたりします。ひょっとしたらLED ZEPPELINのほうが影響を受けていたのかもしれません。



Dixie Chicken
Little Feat
Sailin' Shoes Little Feat The Last Record Album Down on the Farm Feats Don't Fail Me Now



Rockpalast Live
Little Feat
Highwire Act Live in St Louis 2003 / (Dol Dts) Live at Great Woods

[LITTLE FEAT - DISCOGRAPHY]
Little Feat - 1971
Sailin Shoes - 1972
Dixie Chicken - 1973
Feats Don't Fail Me Now - 1974
Last Record Album - 1976
Time Loves A Hero - 1977
Waiting For Columbus - 1978
Down On The Farm - 1979
Hoy Hoy - 1981
As Time Goes By - 1986
Let It Roll - 1988
Representing The Mambo - 1990
Shake Me Up - 1991
Ain't Had Enough Fun - 1995
Live From Neon Park - 1996

| HOME |

2005年03月27日

Eat a Peach/THE ALLMAN BROTHERS BAND (ザ・オールマン・ブラザース・バンド)


Eat a Peach
The Allman Brothers Band
Brothers and Sisters Idlewild South

Eat a Peach[試聴]iTunes Music Store


 71年に名作ライブ・アルバム『Live At Fillmore East(フィルモア・イースト・ライブ)』を発表したTHE ALLMAN BROTHERS BAND(ザ・オールマン・ブラザース・バンド)が、アルバム製作中のDuane Allman(G.デュアン・オールマン)の死を乗り越えて、次作として1972年に発表したアルバムです。

1.Ain't Wasting Time No More
2.Les Brers In A Minor
3.Melissa
4.Mountain Jam
5.One Way Out
6.Trouble No More
7.Stand Back
8.Blue Sky
9.Little Martha

Duane Allman : Lead and slide guitar (デュアン・オールマン)
Gregg Allman : Lead vocals, Hammond B3 organ,electric piano (グレッグ・オールマン)
Dickey Betts :Lead guitar (ディッキー・ベッツ)
Berry Oakley :Bass (ベリー・オークリィー)
Butch Trucks :Drums and percussion (ブッチ・トラックス)
Jai Johanny Johanson "Jaimoe" :Drums (ジェイモー・ジョハンスン)

THE ALLMAN BROTHERS BAND.jpg アルバム製作中に主要メンバーであるスライド・ギターの名手Duane Allman(G.デュアン・オールマン)がバイク事故で亡くなったため、Duane Allman参加曲とDickey Betts(G.ディッキー・ベッツ)主導のカントリー色の強い曲、そしてDuane Allman在籍中の未発表ライブ演奏が含まれています。こうして書くと統一感がなさそうですが、反対にバラエティ豊かな内容で、これはこれで楽しめるアルバムです。

 圧巻は"Mountain Jam"。Duane AllmanとDickey Bettsのブルース、ロックだけでなくジャズ、カントリーの要素が含まれたギタープレイにベース、ツインドラムのリズムセクションが絡むインプロヴィゼイション。30分強という演奏の長さを感じさせずに、一気に聴かせきってしまう凄味のある演奏は、THE ALLMAN BROTHERS BANDの最高の演奏の一つ。名盤『At Fillmore East』を聴いた後は、必ず締めくくりとして"Mountain Jam"を聴くべきではないかと思います。(最近ではiPodなどのプレイリストで曲順等の変更が自由にできるので便利になりました。ちなみに私は『At Fillmore East』の2曲目に"Trouble No More"、"One Way Out"を5曲目、"Mountain Jam"をラストの10曲目に入れていました。過去形なのは、先日『At Fillmore East』のデラックス・エディションを購入したからです。)
 そして、その後のサザン・ロックの方向性のひとつのキー・ポイントになったのではないかと思われる"Blue Sky"なども収録されています。

B000FDEUFSEat a Peach (Dlx) (Exp)
Allman Brothers
Mercury / Universal 2006-05-23

[THE ALLMAN BROTHERS BAND DISCOGRAPHY]
The Allman Brothers Band (1969)
Idlewild South (1970)
Live At Fillmore East (1971)
Eat A Peach (1972)
Brothers And Sisters (1973)
Win Lose Or Draw (1975)
Enlightened Rogues (1979)
Reach For The Sky (1980)
Brothers Of The Road (1981)
Seven Turns (1990)
Shades Of Two Worlds (1991)
Where It All Begins (1994)

B0000ADY9IAt Fillmore East (Dlx) (Dig)
Allman Brothers
Island / Mercury 2003-09-23


Live at the Fillmore East [試聴]iTunes Music Store "Live At Fillmore East"



Live at the Beacon Theater (2pc) / (Dol Dts)
ALLMAN BROTHERS

Live at Great Woods Beginnings (Rmst)

| HOME |

2005年03月24日

Yessongs/YES (イエス)


Yes Songs
Yes
Yesshows The Yes Album [Bonus Tracks]

 名作『Close to the Edge(1972)』発表後行われた1972年のコンサート・ツアーを収録したYES(イエス)にとっての初のライヴ・アルバム(1973年発表)。当時のYESの代表曲が数多く収録されています。

DISC 1
1.Opening (Excerpt From 'Firebird Suite')
2.Siberian Khatru
3.Heart Of The Sunrise
4.Perpetual Change
5.And You And I: A. Cord Of Life/B. Eclipse/C. The Preacher The Teacher/D. The Apocalypse
6.Mood For A Day
7.Excerpts From 'The Six Wives Of Henry VIII'
8.Roundabout

DISC 2
1.I've Seen All Good People: A. Your Move/B. All Good People
2.Long Distance Runaround-The Fish (Schindleria Praematurus)
3.Close To The Edge: A. The Solid Time Of Change/B. Total Mass Retain/C. I Get Up I Get Down/D. Seasons Of Man
4.Yours Is No Disgrace
5.Starship Trooper: A. Life Seeker/B. Dilillusion/C. Wurm

Jon Anderson- vocals (ジョン・アンダーソン)
Bill Bruford- drums & percussion on "Long Distance Runaround", "The Fish", and "Perpetual Change" (ビル・ブラッフォード)
Steve Howe- guitars, vocals (スティーブ・ハウ)
Chris Squire- bass & vocals (クリス・スクワイア)
Rick Wakeman- keyboards (リック・ウエイクマン)
Alan White- drums and percussion except for tracks listed above (アラン・ホワイト)

Yes.jpg YES(イエス)のトレードマークでもあるJon Anderson(Vo.ジョン・アンダースン)の澄んだハイトーン・ヴォ−カル、Steve Howe(G.スティーブ・ハウ)の華麗なギターワーク、Rick Wakeman(Key.リック・ウェイクマン)の壮大なシンセサイザー・サウンド、重低音のリフと最高音の声でバンドを引っ張るChris Squire(B.クリス・スクワイア)、Alan White(Dr.アラン・ホワイト)のハードなドラミング。そして変拍子でスリリングなBill Bruford(Dr.ビル・ブラッフォード、Disc1-4,Disc2-2収録)。楽曲のよさはもちろん、各メンバーの驚異的なテクニック、曲の構成の巧みさ、そして演奏のテンションの高さなど、当時のロック・シーンにおいて最高峰のライブです。

 本来ならBill Brufordのドラムで聴きたいところですが、脱退後のツアーからの収録がメインになっているため、Bill Brufordのドラムは2曲のみ。他の曲はメンバーから強引に加入を迫られ、3日だか1週間だかでバンドの曲を覚えてツアーに出たという新加入のAlan Whiteによるもの。
 いろいろと賛否両論のAlan Whiteですが、流石に大曲の"Close to the Edge"などではドタバタと曲をぶち壊してくれてはいますが、『The Yes Album(サード・アルバム)』等の収録曲などではハード・ロック化したYESを聴くことが出来たりと、なかなか面白い部分も多々あり、個人的には賛の方です。

 YES(イエス)というバンドはプログレッシブ・ロックのバンドの中でもかなりポップな音楽性を持ったバンドですが、その割には作る曲は大作志向で(上手く噛みあえば名曲、名演が生まれますが、一旦外してしまうとパート単位では良いのにズルズルと長い曲を聴かされてしまうこともあり)、テクニック的にも歴代の各メンバーが高度な技術を持っており、スタジオ盤で作りこまれた複雑な構成の曲をライブでも余裕で再現してしまう凄さをもつ、ポップ感と高度な演奏テクニックが上手く融合されたスケール感のある独特の音世界を創り上げたバンドです。
 但し、元々YESをジャズ・バンドにしたかったというBill Brufordにとっては、自由度が低く、ほとんどインプロヴィゼーションを入れない(各メンバーのソロ・パートは追加されているが、スタジオ・ヴァージョンを元にしてバンド一丸となったインプロヴィゼーション合戦を繰り広げるというような部分は殆ど無い)ライブ構成が好みで無いのか、それとも物足りないのか.....。この辺が常にBill BrufordがKING CRIMSONキング・クリムゾン)を優先してしまう原因のひとつかもしれません。)


Close to the Edge [Bonus Tracks]
Yes
Fragile [Bonus Tracks] Going for the One [Bonus Tracks] Relayer [Bonus Tracks] Tales from Topographic Oceans [Bonus Tracks] The Yes Album [Bonus Tracks]


イエス/ライブ・イン・フィラデルフィア 1979
イエス
Yes / Yessongs / (Ac3) キーズ・トゥ・アセンション イエススピーク ハウス・オブ・イエス Yes Acoustic

[YES DISCOGRAPHY]
Yes, 1969
Time and a Word, 1970
The Yes Album, 1971
Fragile, 1972
Close to the Edge, 1972
Yessongs, 1973
Tales from Topographic Oceans, 1973
Relayer, 1974
Yesterdays, 1974
Going for the One, 1977
Tormato, 1978
Drama, 1980
Yesshows, 1980
Classic Yes, 1981
90125, 1983
9012Live: The Solos, 1985
Big Generator, 1987
(ABWH) Anderson Bruford Wakeman Howe, 1989
Union, 1991
YesYears, 1991
Yesstory, 1992
Highlights—The Very Best of Yes, 1993
(ABWH) An Evening of Yes Music Plus, 1993
Talk, 1994
Keys to Ascension, 1996
Keys to Ascension 2, 1997
Keys to Ascension Volume 1 & 2, 1997
Open Your Eyes, 1997
Something's Coming/Beyond and Before, 1997 (a.k.a. Radio Album)
The Ladder, 1999
The Masterworks—Mix Your Own CD, 2000
House of Yes—Live From The House of Blues, 2000
The Best of, 2000
Keystudio, 2001
Magnification, 2001
In a Word: Yes (1969- ), 2002
Yes Remixes, 2003
The Ultimate Yes—35th Anniversary Collection, 2003/2004

関連記事 - Yes 記事一覧

| HOME |

2005年03月23日

Wings Over America/WINGS (ポール・マッカートニー&ウイングス)

B000007638Wings Over America
Wings


[日本盤] ウイングス・オーヴァー・アメリカ

 THE BEATLES(ザ・ビートルズ)解散後、Paul McCartney(ポール・マッカートニー)が2枚のソロ・アルバムを発表した後の1971年に結成したWINGS(ウイングス)が1976年に行った初の全米ツアー(1976年)の模様を収録したヒット曲満載の傑作ライブ盤です。(発売当時は3枚組LPとして発表されました。)

DISC 1
1.Venus and Mars/Rock Show/Jet
2.Let Me Roll It
3.Spirits of Ancient Egypt
4.Medicine Jar
5.Maybe I'm Amazed
6.Call Me Back Again
7.Lady Madonna
8.Long and Winding Road
9.Live and Let Die
10.Picasso's Last Words (Drink to Me)
11.Richard Cory
12.Bluebird
13.I've Just Seen a Face
14.Blackbird
15.Yesterday

DISC 2
1.You Gave Me the Answer
2.Magneto and Titanium Man
3.Go Now
4.My Love
5.Listen to What the Man Said
6.Let 'Em In
7.Time to Hide
8.Silly Love Songs
9.Beware My Love
10.Letting Go
11.Band on the Run
12.Hi, Hi, Hi
13.Soily

JOE ENGLISH -- drums,vocals (ジョー・イングリッシュ)
DENNY LAINE -- vocals,electric guitar,acoustic guitar,piano,bass,Gob iron (デニー・レイン)
LINDA McCARTNEY -- vocals,keyboards (リンダ・マッカートニー)
PAUL McCARTNEY -- vocals,bass guitar,piano,acoustic guitar (ポール・マッカートニー)
JIMMY McCULLOCH -- vocals,electric guitar,acoustic guitar,bass
(ジミー・マカロック)

Paul McCartney & Wings.jpg THE BEATLES(ザ・ビートルズ)解散後、セールス的にはそこそこの成功を収めつつもアルバムの内容、そして評価という点ではなかなか波に乗れなかったPaul McCartney(ポール・マッカートニー)が、THE BEATLES後のPAUL McCARTNEYの音楽、そしてロック・シーンでのWINGS(ウイングス)のポジションを確立して元BEATLESのPAUL McCARTNEYというイメージから解放されたWINGSの最高傑作『Band On The Run』(1973)、そしてその後の『Venus and Mars』(1975)、『Wings at the Speed of Sound』(1976)を経て名実ともにトップ・バンドとなったWINGSの最高の時期を捉えた名作ライブ・アルバムです。

Wild Life (1971)

B000005RPUWild Life
Paul McCartney & Wings


 ソロ・アルバム『McCartney』(1970)、『Ram』(1971)発表後にPaul McCartney(ポール・マッカートニー)が結成したWINGS(ウイングス)の1stアルバム。3日間で録音されたためか、曲はそれほど悪くないのですが煮詰められていない、中途半端な印象を感じさせる部分の多いアルバムです。
 John Lennon(ジョン・レノン)と友情の終焉を歌った"Dear Friend"、THE BEATLES時代のPAUL McCARTNEY自身の名曲"Yesterday"を意識して作られた"Tomorrow"(こちらも名曲です)他収録。


Red Rose Speedway (1973)

B000000189Red Rose Speedway
Paul McCartney & Wings


 シングル・カットしたPaul McCartney(ポール・マッカートニー)の名バラード"My Love"が全米1位の大ヒットとなり、アルバムも全米1位を獲得。しかし本国イギリスでは前作に続き辛口の批評が多くアメリカでの成功ほどのセールスは残せていません。 
 現在発売されているCDにはボーナス・トラックとして当時シングルのみの発売でアルバム未収録だったロックン・ロール・ナンバー"Hi, Hi, Hi"などが収録されています。秀作揃いながら少し甘めの曲が多いこのアルバムに発売時からこの手の曲が収録されていたらアルバムの印象ももう少し違ったものになったかもしれません。


Band on the Run (1973)

B00000I7KLBand on the Run
Paul McCartney & Wings
Capitol 1999-03-09

 全米、全英チャート共に1位を獲得したWINGS(ウイングス)の最高傑作。収録曲の出来が素晴らしく良い上に、その全てが良く練りこまれていて非常に完成度の高いアルバムです。このアルバム以降これまで散々叩かれてきたイギリスのメディアからの対応も一転することになります。
 アルバム制作前にメンバーの脱退が相次いだためPaul McCartney(ポール・マッカートニー)、Linda McCartney(リンダ・マッカートニー)、Denny Laine(デニー・レイン)の3人で制作されており、Paul McCartneyが殆どの楽器を演奏するという、ある意味Paul McCartneyのソロ・アルバムのような作り方をされていますが、ひょっとしたらこのような要素ががバンド志向の強かったPaul McCartneyを吹っ切らせ、名作アルバムを産み出す要因になったのかもしれません。
 大ヒット・シングル"Band on the Run"、"Jet"他収録。


Venus and Mars (1975)

B00000721OVenus and Mars
Wings


 前作『Band on the Run』でかつての輝きを取り戻したPaul McCartney(ポール・マッカートニー)が勢いをそのままに発表したWINGS(ウイングス)の4thアルバム。数々のヒット曲を収録し、6週連続全英1位を獲得。WINGSの黄金時代の幕開けを告げた作品です。
 WINGSのコンサートのオープニングを飾る"Venus and Mars〜Rock Show"、軽快なポップ・ナンバー"Listen to What the Man Said"、"Letting Go"他収録。


Wings at the Speed of Sound (1976)

B00000721CWings at the Speed of Sound
Wings


 WINGS(ウイングス)のPaul McCartney(ポール・マッカートニー)以外の他のメンバーを大幅にフューチャー。Paul McCartneyのバンド志向が良く現れている部分ですが、実際にファンがそれを望んでいたかどうかは疑問が残ります。しかし、"Silly Love Songs"、"Let 'Em In"などのヒット曲を生み出し、7週連続全米1位を獲得してアルバムは大ヒット。1975年から1976年にかけて行われたワールド・ツアーの後半にあたるアメリカ・ツアーは全米のFMラジオで"Silly Love Songs"がヘヴィ・ローテーションされる中で行われることになります。(ワールド・ツアーの模様は同年に『Wings Over America』として発表。)


Wings Over America (1976)

B00005GKMEWings Over America
Wings


London Town (1978)

B00000721ILondon Town
Wings


 『Band on the Run』以降のアルバムでセールス面と音楽的な成功を収め、1975年から2年に渡って行われたワールド・ツアーとライブ・アルバム『Wings Over America』でライブ・バンドとしても頂点に立ったWINGS(ウイングス)が暫くの充電期間の後に発表したアルバムです。Jimmy McCulloch(G.ジミー・マカロック)、Joe English(Dr.ジョー・イングリッシュ)が脱退したため『Band On The Run』同様、Paul McCartney(ポール・マッカートニー)、Linda McCartney(リンダ・マッカートニー)、Denny Laine(デニー・レイン)の3人で制作されています。"Mull of Kintyre(夢の旅人)"の大ヒットなどの影響でイギリスを意識したつくりになっていたため、セールス的にもアメリカでは苦戦し、更に本国イギリスにおいてもパンク・ブームの最中ということもあり、大ヒット・シングルを持ちながらセールス的には振るわない、という結果に終わってしまいました。
 それまでTHE BEATLES(ザ・ビートルズ)の"She Loves You"が持っていたイギリスでのシングル最多セールス記録を抜いた"Mull of Kintyre"(現在のCDには収録されていますが、アルバム発売時はUK盤では未収録)、Goroge Harrison(ジョージ・ハリスン)が絶賛したといわれる"I'm Carrying"他収録。


Wings Greatest (1978)

B00000721PWings Greatest
Wings


Back to the Egg (1979)

B00000721DBack to the Egg
Wings


 新生WINGS(ウイングス)としてスタートしたものの、結局WINGSのラスト・アルバムになってしまった8thアルバム。レコーディングにPete Townshend(ピート・タウンゼンド/THE WHO)、David Gilmour(デイヴ・ギルモア/PINK FLOYD)、John Bonham(ジョン・ボーナム/LED ZEPPELIN)、John Paul Jones(ジョン・ポール・ジョーンズ/LED ZEPPELIN)、Ronnie Lane(ロニー・レイン/FACES)などが参加した「Rockestra(ロケストラ)」の演奏が話題になりすぎて他の曲が霞んでしまったのが惜しいアルバムです。
 重厚な音の壁のようなRockestraによる"Rockestra Theme"、"So Glad to See You Here"、ボーナス・トラックとしてポップ・ナンバー"Wonderful Christmastime"、佳曲"Daytime Nighttime Suffering"他収録。


Wingspan :Hits and History

B00005B839Wingspan
Paul McCartney & Wings


[WINGS DISCOGRAPHY]
1971 WILD LIFE
1973 RED ROSE SPEEDWAY
1973 BAND ON THE RUN
1975 Venus And Mars Rock Show
1976 WINGS AT THE SPEED OF SOUND
1976 WINGS OVER AMERICA
1978 LONDON TOWN
1978 WINGS GREATEST
1979 BACK TO THE EGG

関連記事 - [掲載アルバム一覧] The Beatles

| HOME |

Caught In The Act/GRAND FUNK RAILROAD (グランド・ファンク・レイルロード)


CAUGHT IN THE ACT
GRAND FUNK RAILROAD

ライヴ・アルバム グランド・ファンク グランド・ファンク・レイルロード登場

Caught In the Act [試聴]iTunes Music Store "Caught In The Act"


 代表曲"Heartbreaker"、"Loco-Motion"、"We're an American Band"などを収録した1975年発表のライヴ・アルバム。アメリカン・ハード・ロックの雄、GRAND FUNK RAILROAD(グランド・ファンク・レイルロード)のドライブ感溢れる渾身のライブ・パフォーマンス。

1.Footstompin' Music
2.Rock & Roll Soul
3.Closer to Home
4.Heartbreaker
5.Some Kind of Wonderful
6.Shinin' On
7.Loco-Motion
8.Black Licorice
9.Railroad
10.We're an American Band
11.T.N.U.C.
12.Inside Looking Out
13.Gimme Shelter

Mark Farner :Vocal,Guitar (マーク・ファーナー)
Don Brewwer :Vocal,Drums (ドン・ブリューワー
Mel Schacher :Bass (メル・サッチャー)
Craig Frost :Keyboards (クレイグ・フロスト)

Grand Funk Railroad.jpg 圧倒的にブリティッシュ・ロック勢が優勢だった70年代ハード・ロック・シーンにおいてアメリカで孤軍奮闘したロック・バンドがGRAND FUNK RAILROAD(グランド・ファンク・レイルロード)です。
 1969年、前身のThe Pack(ザ・パック)からGRAND FUNK RAILROADに改名。同年に行われたアトランタ・ポップ・フェスティバルで衝撃的なデビューを飾り、アルバムも1st『On Time』から4作続けてゴールド・ディスクを獲得。一躍ブリティッシュ・ハード・ロック・バンドと肩を並べるビッグ・ネームになります。1stアルバム発表後にLED ZEPPELINレッド・ツェッペリン)の前座を務めた際には、前座にもかかわらずGRAND FUNK RAILROADの演奏に対して観客からのアンコールが続き、完全にメインのLED ZEPPELINを食ってしまったというエピソードも有ります。(以後GRAND FUNK RAILROADのキャッチフレーズには「LED ZEPPELINをぶっ飛ばした」というような文言が頻繁に使われるようになります。)

 GRAND FUNK RAILROAD(グランド・ファンク・レイルロード)のサウンドの特徴は、トリオ編成でDon Brewwer(ドン・ブリューワー)とMel Schacher(メル・サッチャー)のノリの良いシンプルでパワフルな演奏、Mark Farner(マーク・ファーナー)の執拗に同じフレーズを繰り返す体力勝負のギターソロや荒いながらも勢いのあるギタープレイ。あまりにもストレートな演奏とそのファッションから体力勝負のマッチョなイメージが強いロックバンドです。

 1972年に新たにCraig Frost(Key.クレイグ・フロスト)が加入し4人編成となりバンド名も"GRAND FUNK(グランド・ファンク)"に短縮して新たなバンドの発展を目指しますが、マネージャー兼プロデューサーだったTerry Knight(テリー・ナイト)とバンドの間で訴訟問題が発生。結局Terry Knightと袂を分かち、セルフ・プロデュース作『Phoenix』を発表するものの良い結果が得られず一時低迷します。しかし、ここで登場するのが奇才ポップ職人Todd Rundgrenトッド・ラングレン)!Todd Rundgrenのプロデュースにより、それまでの荒々しいスタイルが洗練されポップ色を強めた通算9作目の『We're An American Band』(1974年)は大ヒット(全米2位を記録)。タイトル曲もGRAND FUNK初の全米1位を記録し、アメリカン・ハード・ロックのNo.1バンドから世界的なロック・バンドへと上り詰めます。バンドのサウンドもエネルギッシュな激しいものからポップなサウンドに変化、ポップス・ファンにも聴きやすいポップ路線に転進。続く10作目『Shinin' On』もTodd Rundgrenのプロデュースにより前作から続くスタイルで、このアルバムからもシングル・ヒット"The Loco-Motion"が生まれています。

 『CAUGHT IN THE ACT』はGRAND FUNK RAILROAD(グランド・ファンク・レイルロード)絶頂期の1975年の全米ツアーからの音源を収めた通算12作目、2枚目のライブ・アルバムです。初期のエネルギッシュでストレートな部分も残しながら、キーボードを加えポップ色を増した『We're An American Band』以降の楽曲までグランド・ファンクのベスト的選曲で、スタジオ盤と合わせても一番の傑作アルバムだと思います。


*前述したLED ZEPPELIN(レッド・ツェッペリン)の前座として出演したライブで、あまりにもウケ過ぎる前座のGRAND FUNK RAILROADに対して、LED ZEPPELINのマネージャーであるPeter Grant(ピーター・グラント)が電源を落とした、なんて話も聞きますが、どこまで本当なのかなぁ。あの当時のエピソードは色々と眉唾物が多いからなぁ。(笑)

We're an American Band
 Todd Rundgren(トッド・ラングレン)のプロディースによるGRAND FUNK RAILROAD(グランド・ファンク・レイルロード)の大ヒットアルバム。


We're an American Band [Bonus Tracks]
Grand Funk Railroad

Shinin' On [Bonus Tracks] E Pluribus Funk [Bonus Tracks] Closer to Home [Bonus Tracks] Survival [Bonus Tracks] All the Girls in the World Beware (Rmst)

We're an American Band [試聴]iTunes Music Store"We're an American Band"


[Grand Funk Railroad DISCOGRAPHY]
1969 On Time
1970 Closer to Home
1970 Grand Funk
1970 Live Album
1971 E. Pluribus Funk
1971 Survival
1972 Phoenix
1973 We're An American Band
1974 All The Girls in the World Beware
1974 Shinin' on
1975 Caught in the Act
1976 Born To Die
1976 Good Singing...
1981 Grand Funk Lives
1983 What's Funk

| HOME |

2005年03月20日

Something/Anything? TODD RUNDGREN (トッド・ラングレン)


Something/Anything?
Todd Rundgren


 ミュージシャンとしてだけでなく、プロデューサーとしても活躍するマルチ・コンポーザー、Todd Rundgren(トッド・ラングレン)が1972年に発表した3枚目のアルバムにして最高傑作。メロウなポップスからハード・ロック、ソウル、ボサノヴァ、そしてアバンギャルドな楽曲まで、このアルバムにはTodd Rundgrenの多彩な才能が詰め込まれています。代表曲"I Saw The Light"、"Hello,It's Me"他収録。

DISC 1
1.I Saw the Light
2.It Wouldn't Have Made Any Difference
3.Wolfman Jack
4.Cold Morning Light
5.It Takes Two to Tango (This Is for the Girls)
6.Sweeter Memories
7.Intro
8.Breathless [Instrumental]
9.Night the Carousel Burned Down
10.Saving Grace
11.Marlene
12.Song of the Viking
13.I Went to the Mirror

DISC 2
1.Black Maria
2.One More Day (No Word)
3.Couldn't I Just Tell You
4.Torch Song
5.Little Red Lights
6.Overture-My Roots: Money (That's What I Want) /Messin' With the Kid
7.Dust in the Wind
8.Piss Aaron
9.Hello It's Me
10.Some Folks Is Even Whiter Than Me
11.You Left Me Sore
12.Slut

Todd.jpg Todd Rundgren(トッド・ラングレン)は1967年にNAZZ(ナッズ)を結成し、1968年にアルバム『Nazz』でデビュー。"Hello,It's Me"をシングル・ヒットさせるものの、より自分の理想の音楽を目指してバンド在籍中からソロ活動をスタート。(NAZZはアルバム3枚を発表後解散。)
 1970年『Runt』、1971年『The Ballad Of Todd Rundgren/Runt』とRUNT(ラント)名義でアルバムを発売した後、1972年『Something/Anything』で本格的にソロ・デビュー。1973年『A Wizard,A True Star』、『Todd』と立て続けに良作アルバムを発表。自らのマルチ・プレイで積み上げたTodd Rundgrenならではの音世界を作り上げ、その評価と人気を確立します。1974年にライブ用に結成したバンド、UTOPIA(ユートピア)の1stアルバム『Todd Rundgren's Utopia』を発表してからは、ソロとUTOPIAの活動をを同時進行で続け、意欲作を発表し続けます。
 その後も、自身が影響を受けたミュージシャンの楽曲のカヴァーに挑戦した『Faithful』(1976、THE BEATLES/ザ・ビートルズの"Strawberry Fields Forever"とTHE BEACH BOYS/ザ・ビーチ・ボーイズの"Good Vibrations"の2曲は絶品!)、名曲揃いの名盤『Hermit of Mink Hollow』(1978)、声と編集だけで作品を作り上げた『A Capella』(1983)、1989年にはこれまでの元祖宅録派のイメージを打ち破る大編成バンドでのスタジオ・ライブ一発録り『Nearly Human』、ボサ・ノヴァ・アレンジによるセルフ・カヴァー集『With a Twist』(1997)の発表、90年代以降はコンピューター・グラフィックスやインターネットなどへのアプローチなど、現在もマルチ・コンポーザーとしての活動を続けています。

Todd Rundgren(トッド・ラングレン)はメロディメーカーとしてだけでなく、プロデューサーとしても有能で数多くのヒット作を作り上げています。
[主なプロデュース作品]
 Patti Smith(パティ・スミス)『Wave』、XTCSkylarking』、MEAT LOAF(ミート・ローフ)『Bad Out Of Hell』(1977)、BADFINGER(バッド・フィンガー)『Straight Up』(1972)、NEW YORK DOLLS(ニューヨーク・ドールズ)『New York Dolls』(1973)、GRAND FUNK RAILROADグランド・ファンク・レイルロード)『We Are An American Band』(1973)、......etc.

A Wizard a True Star (1973)


Wizard a True Star
Todd Rundgren

Todd Ballad of Initiation


Hermit of Mink Hollow (1978)

Hermit of Mink Hollow
Todd Rundgren

Runt



ライブ・イン・ジャパン
トッド・ラングレン

トッド・ラングレン・ライブ・イン・サンフランシスコ Ever Popular Tortured Artist Effect ライブ/イン・コロンバス、オハイオ 1980 Redux 92: Live in Japan Retrospective: 1977-1984

[TODD RUNDGREN DISCOGRAPHY]
Runt (1970)
Ballad (1971)
Something/Anything (1972)
A Wizard/True Star (1973)
Todd (1974)
Initiation (1975)
Faithful (1976)
Back to the Bars (1978)
Hermit of Mink Hollow (1978)
Healing (1981)
Ever Popular Tortured Artist Effect (1983)
A Cappella (1985)
Nearly Human (1989)
Second Wind (1991)
No World Order (1993)
With a Twist (1997)
One Long Year (2000)
LIARS (2004)

Utopia:
Utopia (1974)
Ra (1977)
Oops Wrong Planet (1977)
Adventures In Utopia (1980)
Deface The Music (1980)
Swing To The Right (1982)
Oblivion (1984)

| HOME |

2005年03月18日

You Are the Music...We're Just the Band/TRAPEZE (トラピーズ - グレン・ヒューズ)


You Are the Music We're Just the Band
Trapeze

Trapeze Hughes/Thrall Live at Ebbets Field 1976 Medusa

 元DEEP PURPLEディープ・パープル)のGlenn Hughes(Vo,B.グレン・ヒューズ)がDEEP PURPLE参加以前に在籍したTRAPEZE(トラピーズ)の3枚目(1972年発表)のアルバム。ファンキーなハードロック"You Are the Music"、名作バラード"Coast to Coast"等を収録。

1.Keepin' Time
2.Coast to Coast
3.What Is a Woman's Role
4.Way Back to the Bone
5.Feelin' So Much Better Now
6.Will Our Love End
7.Loser
8.You Are the Music

Glenn Hughes :Vocal,Bass (グレン・ヒューズ)
Mel Galley :Guitar (メル・ギャレー)
Dave Holland :Dramus (デイブ・ホーランド)

Glenn Hughes.jpg TRAPEZE(トラピーズ)はファンク、ソウル、ブルース、そしてハード・ロックと多彩な音楽性を持ったバンドです。DEEP PURPLEディープ・パープル)に参加したことによりGlenn Hughes(グレン・ヒューズ)ばかりがピックアップされることが多いのですが、決してGlenn Hughesのワンマン・バンドではなくMel Galley(G.メル・ギャレー、TRAPEZE解散後WHITESNAKE/ホワイトスネイクにも一時期参加)、Dave Holland(Dr.デイブ・ホーランド、後にJUDAS PRIEST/ジューダス・プリーストに参加)の3人で作り上げた音楽です。基本的にはファンクとハード・ロックの融合を目指したバンドで、そういう意味ではひとつの段階に達成したとも言えるアルバムかもしれません。Glenn Hughes脱退後、よりファンク色を強めた音楽を目指し、Mel Galleyがヴォーカルを兼任したり、Peter Goalby(Vo.ピーター・ゴールビー、TRAPEZE解散後URIAH HEEP/ユーライア・ヒープに参加)を加えて活動を続けますが、やはりGlenn Hughes(グレン・ヒューズ)のヴォーカルがあってはじめて成り立つ音楽性だったのか、結局は大きなセールス、評価を得ることなく解散しています。しかし、よほどバンドの方向性に未練があったのか、JUDAS PRIESTで成功を収めていたDave Holland以外の2人、Mel GalleyとGlenn Hughes(その頃には既にDEEP PURPLEも解散)は幾度となくTRAPEZEの再結成を模索しています。
*1992年にGlenn Hughes(グレン・ヒューズ)、Mel Galley(G.メル・ギャレー>、そしてDave Holland(デイブ・ホーランド)のオリジナル・メンバーに。Jeff Downes(Key.ジェフ・ダウンズ、ASIA/エイジア、BUGGLES/バグルス、他)を加えてライブ・アルバムを発表しています。

Glenn%20Hughes%201.jpg Glenn Hughes(グレン・ヒューズ)のDEEP PURPLE(ディープ・パープル)への参加はあくまでもRoger Glover(b.ロジャー・グローバー)の後任と言うことであり、David Coverdale(Vo.デイヴィッド・カヴァデール)とヴォーカル・パートを分け合っていたりしてはいますが、当然ヴォーカリストとしての出番は以前より減り、またGlenn Hughesのヴォーカル・スタイル、嗜好という意味でもRitchie Blackmore(G.リッチー・ブラックモア)と噛み合わず、かなり本来の歌い方を抑えているようにも見受けられます。(それでも十分パワフルでソウルフルですけど)

 Ritchie Blackmore脱退後、Tommy Bolin(G.トミー・ボーリン)が参加した『Come Taste The Band』で初めてGlenn Hughes(グレン・ヒューズ)の本領発揮したDEEP PURPLEでのヴォーカルが聞けますが、Glenn Hughes、Tommy Bolin、そしてDavid Coverdale(デイヴィッド・カヴァデール)が主導権を握ったこのアルバムは、既に一般的なDEEP PURPLEのイメージからはかけ離れたものになっており、DEEP PURPLEファンからは賛否両論のアルバムとなっています。DEEP PURPLEの名前の下ではこれ以上自分のしたいことが出来ないとGlenn Hughes等3人が判断を下したのか、元々からDEEP PURPLEの活動と並行してソロ活動をする、というのがDEEP PURPLE参加の条件だったTommy Bolinのソロ志向、David Coverdaleの脱退、など要因などからDEEP PURPLEは正式に解散し、Glenn Hughesもソロ活動、Tommy Bolinとのプロジェクト(Tommy Bolinが1976年に死亡したため実現していない)、TRAPEZE(トラピーズ)の再結成(1992年に実現)、ソロでの活動、などの道を模索することになります。ひょっとしたら3人とも「DEEP PURPLEで名前も売れたし、そろそろ本来の好きなことがしたい」という事だったのかも知れません。
(1982年にGlenn Hughes(Vo,Bグレン・ヒューズ)とPat Thrall(G.パット・スロール)が結成したプロジェクト"HUGHES/THRALLヒューズ/スロール)"のアルバム『HUGHES/THRALL』は80年代ロックの名盤です。)

Mel Galley(G.メル・ギャレー)在籍中のWHITESNAKE(ホワイトスネイク)の映像をビデオで(海賊盤だったかな?)見たことがありますが、このビデオでは、だんだんとギターソロが崩壊して行く、という見事?なプレイを見せてくれています。スタジオ盤では(基本的にはブルーススケール主体ながら)結構面白いことをやってるんですが、ライブ、アドリブは弱かったのかもしれません。TRAPEZE(トラピーズ)のライブ・アルバム等でもスタジオ盤以上の良いプレイはなかったように思います。(録音が悪いせいもあるかもしれません。)

関連記事 - Hughes Thrall/HUGHES THRALL
関連記事 - [掲載アルバム一覧] Deep Purple


1974カリフォルニア・ジャム
DEEP PURPLE

ライヴ・紫の閃光~リッチー・ブラックモア・ラスト・パフォーマンス・イン・ディープ・パープル クラシック・アルバムズ:マシンヘッド Deep Purple / (Ep) マスターズ・フロム・ザ・ヴォルツ


| HOME |

2005年03月16日

Live in California 1976:On the Wings of a Russian Foxbat/DEEP PURPLE (ディープ・パープル)


Live in California 1976: On the Wings of a Russian Foxbat
Deep Purple

 Ritchie Blackmore(G,リッチー・ブラックモア)脱退後、アメリカ人ギタリストのTommy Bolin(G.トミー・ボーリン)を加えた第4期DEEP PURPLEディープ・パープル)の1976年カリフォルニア・ロング・ビーチでのライブ。当時から同名タイトルの海賊盤が出回っていたが1995年になって正規盤として発表されました。

Disc.1
1.Burn
2.Lady Luck
3.Gettin' Tighter
4.Love Child
5.Smoke on the Water [Incl. Georgia On My Mind]
6.Lazy
7.Grind

Disc.2
1.This Time Around
2.Tommy Bolin
3.Stormbringer
4.Highway Star [Inc Not Fade Away]
5.Smoke on the Water [Vsn 2] [Incl. Georgia On My Mind]
6.Going Down
7.Highway Star [Vsn 2]

David Coverdale (Vocal) (デイビッド・カヴァーデイル)
Jon Lord (Key) (ジョン・ロード)
Ian Paice (Drums) (イアン・ペイス)
Glenn Hughes (Bass,Vocal) (グレン・ヒューズ)
Tommy Bolin (Guitar) (トミー・ボーリン)

Tommy Bolin - Deep Purple.jpg 来日前の指の怪我でほとんどギターの弾けないTommy Bolin(G.トミー・ボーリン)とバンド崩壊前の影響から来る演奏のまとまりの無さにもかかわらず発売された『Last Concert In Japan』と、日本でも絶大な人気を誇ったRitchie Blackmore(G,リッチー・ブラックモア)の不在から評価の低い第4期DEEP PURPLEディープ・パープル)ですが、この『Live in California 1976:On the Wings of a Russian Foxbat』ほうが発売されていればTommy Bolinの評価も違ったものになっていたと思います。
 演奏もJon Lord(Key.ジョン・ロード)はもちろん安定しているし、Ian Paice(Dr.イアン・ペイス)はまさに絶頂期。Tommy Bolin(G.トミー・ボーリン)の演奏も『Last Concert In Japan』とは比較になりません。(あのアルバムではTommy Bolinのギターをかなり小さめにミックスされている上、怪我のための苦肉の策でスライドでの演奏が殆どであり、Tommy Bolin本来のギターを弾いていないに等しいですからもともと比較にはなりません。)Ritchie Blackmore時代の曲をTommy Bolinのスタイルで弾きこなしているため最初は違和感があるかもしれませんし、ラフに流してしまっている部分が気にはなりますが、聴きこんでいくと、これはこれでなかなか良いギターを弾いています。Ritchie Blackmoreじゃないと絶対駄目だ、という人以外には十分気に入ってもらえる演奏だと思います。(海賊版ですが『Wembley 1976』『New York 1976""In Deep Grief』ではこのアルバム以上の演奏が聴けます。)
 ただし、David Coverdale(Vo.デイヴィッド・カヴァーデイル)の調子が悪いのか、Glenn Hughes(B,Vo.グレン・ヒューズ)が良過ぎるのか、二人のヴォーカルが噛み合わない部分が多々あるのが残念なところです。(この頃の海賊盤を何枚か聴きましたがいずれもDavid Coverdaleは影が薄いような気がします。)

Tommy Bolin.jpg Tommy Bolin(G.トミー・ボーリン)はどちらかと言えばジャズ、フュージョン寄りのギタリストで、それまでのRitchie Blackmore(G,リッチー・ブラックモア)とはタイプが違うためRitchie Blackmoreのスタイルを求めていたファンにとっては評価しにくいのかもしれませんが、当時David Coverdale(Vo.デイヴィッド・カヴァーデイル)やGlenn Hughes(B,Vo.グレン・ヒューズ)がやりたかったブラック・ミュージック寄りのファンキーなスタイルにはベストなギタリストだったのだと思います。Tommy BolinだけでなくDavid Coverdale、Glenn HughesにとってもDEEP PURPLE(ディープ・パープル)という名前である以上"Smoke on the Water"はやらざるを得ない曲だったのでしょう。唯一のスタジオ盤である『Come Taste The Band』も、後にJon Lord(Key.ジョン・ロード)が語ったように、DEEP PURPLEの名前でなければもっと正当な評価をされていたのかもしれません。

 Tommy Bolin(G.トミー・ボーリン)のギターテクニックについてもBilly Cobham(D.ビリー・コブハム)のアルバム『Spectrum』でのプレイやJAMES GANG(ジェームス・ギャング)時代(Joe Walsh/ジョー・ウォルシュの後任として参加)の『Bang』、Tommy Bolinのソロ・アルバム『Teaser』などを聴いてもらえば分かりますが、十分なアイディアとテクニックを持っています。DEEP PURPLE(ディープ・パープル)解散後、Jeff Beck(ジェフ・ベック)とのジョイント・ツアー中にドラッグの事故で亡くなってしまいますが、生きていれば今頃どんな音楽を聞かせてくれたかと思うと残念です。

Tommy_Bolin_2.jpg*ソロ・アルバム『Teaser』収録の"Wild Dogs"は名曲です!Tommy Bolin(G.トミー・ボーリン)のヴォーカルもなかなか良いです。『Last Concert in Japan/Deep Purple』にもライブ・ヴァージョンが収録されています。
JAMES GANG(ジェームス・ギャング)、DEEP PURPLE(ディープ・パープル)への参加はソロ活動の資金稼ぎ、知名度のアップという目的が大きく、Tommy Bolin(G.トミー・ボーリン)のDEEP PURPLEへの加入の際にも、DEEP PURPLEの活動と並行してソロ・アルバムの作成、及びアルバムのプロモーションを行ってもかまわない、という条件が付けられていたようです。実際アメリカのレコード店では当時のDEEP PURPLEの新作『Come Taste The Band』より、同時期に発表したTommy Bolinの『Teaser』の方が派手に宣伝された、ということもあったようです。
*10年以上前(1990年前後)に、タイトルは忘れましたが、ドラッグで亡くなったミュージシャンの曲を集めたトリビュート・アルバムが発売されていましたが、当時人気絶頂のMOTLEY CRUE(モトリー・クルー)がTommy Bolin(G.トミー・ボーリン)の"Teaser"をカヴァーしていました。リーダーのNikki Sixx(B.ニッキー・シックス)がTommy Bolinのファンだったということでしたが、日本での評価に比べてアメリカでのTommy Bolinの人気は高かったということが窺えます。

関連記事 - [掲載アルバム一覧] Deep Purple

Deep Purple "Made in Japan"


Made In Japan: 25th Anniversary Edition
Deep Purple

In Rock: 25th Anniversary (UK) Fireball 25th Anniversary Edition [EMI] Machine Head (Rmst) (Dlx)

 Ritchie Blackmore(G.リッチー・ブラックモア)、Ian Gillan(Vo.イアン・ギラン)、Roger Glover(B.ロジャー・グローヴァー)在籍中の第2期DEEP PURPLE(ディープ・パープル)の超有名ライブ盤。"25th Anniversary Edition"ということで、当時は収録されていなかったアンコール曲の"Black Night"などの3曲が追加されています。

Tommy Bolin "Teaser"


Teaser
Bolin Tommy

■Tommy Bolin "Whips and Roses"
Whips and RosesWhips and Roses
Tommy Bolin

Whips and Roses II Private Eyes スペクトラム

James Gang "Bang"

Bang
James Gang

Rides Again Funk #49 Energy Newborn/Jesse Come Home

Deep Purple "This Time Around: Live in Tokyo '75 "
B00005MNKQThis Time Around: Live in Tokyo '75
Deep Purple
Purple 2001-09-11


| HOME |

2005年03月14日

Led Zeppelin/LED ZEPPELIN (レッド・ツェッペリン)


Led Zeppelin
Led Zeppelin

Led Zeppelin II Led Zeppelin IV Houses Of The Holy

Led Zeppelin[試聴]iTunes Music Store "Led Zeppelin"


 YARDBIRDS(ヤードバーズ)崩壊後、バンドの建て直しを図ったJimmy Page(G.ジミー・ペイジ)が当時無名のミュージシャンを集め、契約上の問題からNEW YARDBIRDS(ニュー・ヤードバーズ)として幾度かのライブをこなした後、満を期して発表したLED ZEPPELIN(レッド・ツェッペリン)衝撃のデビューアルバム!(1969年発表)

1. Good Times Bad Times
2. Babe I'm Gonna Leave You
3. You Shook Me
4. Dazed And Confused
5. Your Time Is Gonna Come
6. Black Mountain Side
7. Communication Breakdown
8. I Can't Quit You Baby
9. How Many More Times

Jimmy Page: guitar (ジミー・ペイジ)
Robert Plant: vocals (ロバート・プラント)
John Paul Jones: bass (ジョン・ポール・ジョーンズ)
John 'Bonzo' Bonham: drums (ジョン・ボーナム)

Led Zeppelin.jpg LED ZEPPELIN(レッド・ツェッペリン)は全アルバムどれを選んでも良かったのですが、やはり最初の一枚はこれにしました。『I』『II』あたりのブルースを基本としながらも多彩なアイディアが溢れ、Jimmy Page(G.ジミー・ペイジ)のヘヴィーなリフとRobert Plant(Vo.ロバート・プラント)の金属的なシャウトが衝撃的なヘヴィー・ロック。トラッド、フォーク辺りからの影響もうかがえる『III』。代表作として語られることの多い"Staiway To Heaven"、"Black Dog"、"Rock And Roll"が収録された『IV』。メロトロンを導入してJohn Paul Jones(ジョン・ポール・ジョーンズ)が大活躍でプログレ風味も感じられる5th『Houses Of The Holy』。元々才能のある各メンバーの発言力も増えて、色々やってみました風の『Physical Graffiti』。ヘヴィーなサウンドに戻りつつも、これまでのバンドの進化が伺える『Presence』。そして、またもやJohn Paul Jones大活躍の『In Through the Out Door』。
 その日の気分によって好きなアルバム、聴きたいアルバムが違うことが多くて、一番好きな(一番を決める必要も無いんですけど)アルバムが決められないというバンドがLED ZEPPELINです。

 さて、このLED ZEPPELIN(レッド・ツェッペリン)の1stアルバムですが、かなり短時間で録音されています。デビューまでにNEW YARDBIRDS(ニュー・ヤードバーズ)として同じメンバーで活動していたため、後は録音するだけ、というところまで既に各曲が練りこまれていたのでしょう。また、何曲かの元のアイディアはJimmy Page(G.ジミー・ペイジ)がYARDBIRDS(ヤードバーズ)在籍中に発売した唯一のアルバム『Little Games』やLED ZEPPELINの人気に便乗する形で1971年になって発表されたYARDBIRDS時代の『Live Yardbirds featuring Jimmy Page』で既に聴くことが出来ます。(『Dazed and Confused』の原型などが入っています。)
 YARDBIRDS時代から実験的に試していたJimmy Pageの求めるサウンドが、時間による熟成を経て、Robert Plant(Vo.ロバート・プラント)、John Paul Jones(B.ジョン・ポール・ジョーンズ)、そしてJohn Bonham(Dr.ジョン・ボーナム)というメンバーが奇跡的に揃ったことにより昇華、凝縮されたのがLED ZEPPELINの1stアルバムだと思います。
 また、Jimmy Page(G.ジミー・ペイジ)というとギブソン・レスポールのイメージが強いのですが、実はこのアルバムではフェンダーのテレキャスターが多用されています。(多分アンプもフェンダーのものを使用しているケースが多いと思います。)
 LED ZEPPELIN活動中にメインのギターとして活躍したJoe Walsh(ジョー・ウォルシュ)から譲り受けたレスポールもどちらかと言えばレスポール特有のハムバッキング・ピックアップの粘り気のある太い音ではなく、線が細く、より高音が強調されたサウンド。Joe Walshが気に入らずに手放したレスポールのサウンドをJimmy Pageが気に入ったというのは、本来Jimmy Pageはフェンダー・ギターに代表されるシングル・ピックアップのギター・サウンドが好みだったのではないかと思われます。

*上記『Live Yardbirds featuring Jimmy Page』は無許可で発売されたためJimmy Pageの指示により裁判、回収騒ぎにまで発展し(有名なアルバムなので海賊盤としてかなりの数が出回っていると思いますが)正規盤としては聴くことが出来なくなっています。

 LED ZEPPELIN結成までにはいろいろな話があって、特に有名なのはJeff Beck(G.ジェフ・ベック)、Jimmy Page(G.ジミー・ペイジ)、John Paul Jones(B.ジョン・ポール・ジョーンズ)、Nicky Hopkins(Key.ニッキー・ホプキンス)、Keith Moon(Dr.キース・ムーン/The Who/ザ・フー)等のメンバーでバンドを結成する予定だったというものです。契約上の問題からか、結局バンドとしての活動はしていませんが、このときの録音として"Beck's Bolero"というインストルメンタルの曲が残されており、Jeff Beckの1stシングル"Hi-Ho Silver Lining"のB面に収録されました。(アルバムではJeff Beck Group/ジェフ・ベック・グループの『Truth』やJeff Beckの初期のベスト盤などに収録されています。)このときにTHE WHO(ザ・フー)を辞めたがっていたKeith Moon(Dr.キース・ムーンが、実際には契約等の問題や各メンバーが当時の活動をやめてまでバンドを新たに結成する可能性が低いことから「決して飛べない」との皮肉を込めて「飛べない飛行船(Lead Balloon)」というバンド名を提案したのがLED ZEPPELIN(ツェッペリン号・ドイツの巨大な飛行船。1st,2ndのジャケットの通り飛行中に炎上、墜落している。)の名前の元になっているようです。(THE WHOのJohn Entwistle/ジョン・エントウィッスルも元々のアイディアをKeith Moonに教えたのは自分だと主張しています。)

関連記事 - [掲載アルバム一覧] Led Zeppelin


伝説のライヴ -How The West Was Won-
レッド・ツェッペリン

BBCライヴ 永遠の詩 (狂熱のライヴ)
レッドツェッペリン ディーブイディーレッドツェッペリン ディーブイディー
レッド・ツェッペリン

レッド・ツェッペリン 狂熱のライヴ

[LED ZEPPELIN DISCOGRAPHTY]
Led Zeppelin [studio] (1969)
Led Zeppelin II [studio] (1969)
Led Zeppelin III [studio] (1970)
Untitled [studio] (1971)
Houses Of The Holy [studio] (1973)
Physical Graffiti [studio] (1975)
The Song Remains The Same [live] (1976)
Presence [studio] (1976)
In Through The Out Door [studio] (1979)
Coda [outtakes collection] (1982)

Led Zeppelin [box set 1] (1990)
Led Zeppelin [box set 2] (1993)
The Complete Studio Recordings [10-CD box set] (1993)
BBC Sessions [live] (1997)
Early Days: The Best Of Led Zeppelin Volume One [compilation] (1999)
Latter Days: The Best Of Led Zeppelin Volume Two [compilation] (2000)
Early Days & Latter Days [compilation] (2002)
How The West Was Won [live] (2003)

関連記事 - [掲載アルバム一覧] Led Zeppelin


| HOME |

2005年03月13日

Live January 1973/URIAH HEEP (ユーライア・ヒープ)

B0002ADY2OLive '73
Uriah Heep
Sanctuary 2004-10-18


 1973年発表のURIAH HEEP(ユーライア・ヒープ)通算6枚目にして初のライヴ・アルバム。収録曲もほぼベストアルバム的な選曲です。

1.Introduction
2.Sunrise
3.Sweet Lorraine
4.Traveller in Time
5.Easy Livin'
6.July Morning
7.Tears in My Eyes
8.Gypsy
9.Circle of Hands
10.Look at Yourself
11.Magician's Birthday
12.Love Machine
13.Rock'n Roll Medley : Roll Over Beethoven-Blue Suede Shoes-Mean Woman Blues-Hound Dog-At The Hop-Whole Lotta Shakin' Goin' On-Blue Suede Shoes

David Byron (lead vocals) - デヴィッド・バイロン
Mick Box (lead guitar & vocals) - ミック・ボックス
Ken Hensley (organ, slide & vocals) - ケン・ヘンズレー
Gary Thain (bass & vocals) - ゲイリー・セイン
Lee Kerslake (drums & vocals) - リー・カースレイク

Uriah Heep.jpg URIAH HEEP(ユーライア・ヒープ)人気絶頂時のライブのため演奏も絶好調。ただ、緻密なコーラスワークを誇るスタジオ録音のアルバムと比べるとどうしてもあらが目立ちますが、それを差し引いても余りある勢いのあるステージで(かなりダビング等の編集は施されていると思いますが)、スタジオ録音のアルバムとはまた違ったURIAH HEEPの魅力を発見できます。当時はLP2枚組みで発売されていましたが、現在はCD1枚で13.Rock'n Roll Medleyがカットされているものや、1.Introductionのクレジットが入って無いもの、2枚組みの完全版など国内盤、外盤で何種類か出ているようです。

 URIAH HEEP(ユーライア・ヒープ)はMick Box(G.ミック・ボックス)とDavid Byron(Vo.デビッド・バイロン)がいたSPICEKen Hensley(Key.ケン・ヘンズレー)が参加する形で1969年から1970年にかけて結成。代表曲である"Look At Yourself"、"July Morning"を含む3thアルバム『LOOK AT YOURSELF』でその人気を確実なものとします。

Uriah Heep.jpg URIAH HEEPのバンド・サウンドの特徴は、華麗な旋律と荒れ狂うハモンドオルガンKen Hensley(ケン・ヘンズレー)、迫力あるハイトーン・ヴォーカルDavid Byron(デヴィッド・バイロン、個人的にはIan Gillan/イアン・ギラン/DEEP PURPLE/ディープ・パープル)に負けずとも劣らない、否、David Byronのほうが艶といった意味では上か、と思ってるんですが...。)、特徴あるギターサウンド(Michael Schenker/マイケル・シェンカーでおなじみのクライベイビーを使った中音域を強調した独特なサウンド)で印象的なフレーズを弾くMick Box(ミック・ボックス)、そして聴く者をURIAH HEEPの世界にいざなう緻密なコーラス・ワークだと思います。また、この当時在籍したGary Thain(B.ゲイリー・セイン)の歌うようなベースラインも特筆もの。緻密に計算されたサウンドとエキサイティングなサウンド、激しさが同居した、(ギターヒーローのいないバンドなので、日本ではあまり人気の出にくいスタイルなのですが)ブルースの影響下にある他のバンドとは違い、独特なヨーロッパ的なハード・ロックを展開するバンドです。
 このアルバムはライブ盤ということもあり、そのURIAH HEEPのハード・ロック・バンドとしてのハードな部分が強調されたアルバムです。

Mick Box(ミック・ボックス)のギタープレイについては、派手さがなく前述したようにギター・ヒーロー的なイメージも皆無だったので、私も初めてURIAH HEEP(ユーライア・ヒープ)を聴いた時はギタリストとしてのMick Boxという意味ではあまり華も無く興味をもてませんでした。しかし、URIAH HEEPを聴きこんでいくと、これはこれでバンドに合った、楽曲を惹き立てる効果的なギター・フレーズを沢山弾いていて、それまでギタリストというと華麗な早弾き等ばかりに注目していた私に「こういうギターの弾き方もあるんだなぁ」と気付かせてくれたギタリストでもあります。


Look At Yourself [Deluxe Edition]
Uriah Heep

Demons and Wizards [UK Bonus Tracks] Magician's Birthday [Bonus Tracks] Return to Fantasy [Bonus Tracks] Fallen Angel [UK Expanded Deluxe Edition] Uriah Heep Live [Bonus Tracks]
ジプシー ライブ・アット・ロンドンズ・カムデン・パレス 1985
ユーライア・ヒープ

[URIAH HEEP DISCOGRAPHY]
STUDIO:
VERY 'EAVY ... VERY 'UMBLE 1970
SALISBURY 1971
LOOK AT YOURSELF 1971
DEMONS AND WIZARDS 1972
THE MAGICIAN'S BIRTHDAY 1972
SWEET FREEDOM 1973
WONDERWORLD 1974
RETURN TO FANTASY 1975
HIGH AND MIGHTY 1976
FIREFLY 1977
INNOCENT VICTIM 1977
FALLEN ANGEL 1978
CONQUEST 1980
ABOMINOG 1982
HEAD FIRST 1983
EQUATOR 1985
RAGING SILENCE 1989
DIFFERENT WORLD 1991
SEA OF LIGHT 1995
SONIC ORIGAMI 1998

LIVE:
URIAH HEEP LIVE 1973
LIVE ON THE KING BISCUIT FLOWER HOUR 1974
LIVE AT SHEPPERTON '74 1974
LIVE IN EUROPE 1979 1979
LIVE IN MOSCOW 1988
SPELLBINDER LIVE 1996
FUTURE ECHOES OF THE PAST 2000
ACOUSTICALLY DRIVEN 2001
ELECTRICALLY DRIVEN 2001
THE MAGICIAN'S BIRTHDAY PARTY 2002
LIVE IN THE USA 2003
MAGIC NIGHT 2004

| HOME |

Performance/HUMBLE PIE (ハンブル・パイ)


Performance: Rockin' the Fillmore
Humble Pie

Smokin' Rock On イート・イット

  元SMALL FACES(スモール・フェイセス)のSteve Marriott(G,Vo.スティーブ・マリオット)とPeter Frampton(G,Vo.ピーター・フランプトン)を中心に1969年に結成されたHUMBLE PIE(ハンブル・パイ)が1971年に発表した5枚目のアルバム。ライブバンドHUMBLE PIEの魅力で一杯の最高のライブアルバムです。

1.Four Day Creep
2.I'm Ready
3.Stone Cold Fever
4.I Walk on Gilded Splinters
5.Rollin' Stone
6.Hallelujah, I Love Her So
7.I Don't Need No Doctor

Steve Marriott (Guitar/Vocals) (スティーブ・マリオット)
Peter Frampton (Guitar/Vocals) (ピーター・フランプトン)
Gres Ridley (Bass)
Jerry Shirley (Drums)

humble pie_live.jpg R&Bをベースとしたヘヴィーでストレートなロックンロールが詰まってます。長い曲もありますが長いインプロヴィゼーションを続けるのではなく、曲の構成で聞かせるロック史に残る名作ライブ・アルバム。Steve Marriott(G,Vo.スティーブ・マリオット)のソウルフルでパワフルなヴォーカルが圧巻です。
 結成時から元SMALL FACES(スモール・フェイセス)のSteve Marriottと元THE HARD(ザ・ハード)のPeter Frampton(G,Vo.ピーター・フランプトン)が組んだスーパーグループとして期待の大きかったHUMBLE PIE(ハンブル・パイ)が二人の趣向性の違いからか、HUMBLE PIEとしてのサウンドの確立、セールスともに伸び悩んでいたのが、レーベルの移籍(A&M)を機にR&Bベースのヘヴィーなロックバンドに転身し、これが飛躍のきっかけになります。そのサウンドの集大成がこのライブアルバムです。
 しかしこのスタイル(R&B的なロックン・ロール)はSteve Marriottの趣向を大幅に取り入れたもので、初期のフォーク・テイストをブレンドした様なサウンドが好みだったPeter Framptonはこのアルバムを最後にバンドを脱退します。

 その後HUMBLE PIEはこのスタイルを推し進め、1972年に代表作『SMOKIN'』を発表。一方Peter Framptonはソロでの活動を続け1976年にあの『Frampton Comes Alive』で突如大ブレイク!そのルックスからアイドル的な人気も獲得し、世紀の大駄作映画「Sgt. Pepper's Lonely Hearts
Club Band
(サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド)」に主演までしてしまいます。
 しかし、Peter Frampton(ピーター・フランプトン)はアイドル的なルックスとポップなヒット曲"Show Me The Way"があまりにも印象が強すぎて惑わされがちですが『Frampton Comes Alive』もアルバムを通して聴くとHUMBLE PIE(ハンブル・パイ)時代の黒っぽいR&B色を洗練させたようなサウンドが聴ける良質なロック・アルバムです。現在一般的には「当時記録的に売れたアルバム」と言う記憶だけで、そのサウンド自体は忘れ去られているような気がしますが、個人的には今でも好きなアルバムです。アイドル的な面から聴かず嫌いになってアルバムを聴き逃しているようなら、ぜひ一度聴いてみてください。って、HUMBLE PIEのアルバムの紹介をしてたんでしたね...。
*映画『Sgt. Pepper's Lonely Hearts
Club Band』にはPeter Framptonの他にも当時人気絶頂のBeeGees(ビージーズ)、AEROSMITH(エアロスミス)等が出演しています。

 Jimmy Page(ジミー・ペイジ)がNEW YARDBIRDS(ニュー・ヤードバーズ、後のレッド・ツェッペリン)結成時にSteve Marriott(スティーブ・マリオット)もヴォーカル候補の一人に挙がっており(LED ZEPPELINのヴォーカル候補ではTerry Reid/テリー・リードが有名ですが)、(確か)Jimmy Page & Robert Plantをやっている頃、LED ZEPPELIN(レッド・ツェッペリン)がデビューしたあともJimmy PageがRobert Plant(Vo.ロバート・プラント/LED ZEPPELIN)を辞めさせてSteve Marriottを入れたがってた、などとRobert Plantが愚痴っぽく語ってるインタビューなどもありました。しかし、実際にSteve Marriottが参加していたらLED ZEPPELINはいったいどんなバンドになってたんでしょうか?Steve Marriottが歌うLED ZEPPELINも聴いてみたかった様な気もしますが、Steve Marriottが入ってたらああいうサウンドにはなってないだろうし、Robert Plantの紹介で参加したJohn Bonham(Dr.ジョン・ボーナム/LED ZEPPELIN)も参加して無いわけだし...。結構短命なバンドで終わってたかもしれませんね。

[HUMBLE PIE DISCOGRAPHY]
AS SAFE AS YESTERDAY IS - 1969
TOWN AND COUNTRY 1969
HUMBLE PIE - 1970
ROCK ON - 1971
PERFORMANCE (ROCKIN' THE FILLMORE) - 1971
SMOKIN' - 1972
EAT IT - 1973
THUNDERBOX - 1974
STREET RATS - 1975
ON TO VICTORY - 1980
GO FOR THE THROAT - 1981
BACK ON TRACK - 2002


Frampton Comes Alive (Rmst)
Peter Frampton

Frampton Comes Alive [試聴]iTunes Music Store "Frampton Comes Alive"



Smokin'
Humble Pie

Performance: Rockin' the Fillmore イート・イット Rock On


Humble Pie / (Ep)
HUMBLE PIE

Live

| HOME |

Recent Entries

  1. Waiting for Columbus/LITTLE FEAT (リトル・フィート)
  2. Eat a Peach/THE ALLMAN BROTHERS BAND (ザ・オールマン・ブラザース・バンド)
  3. Yessongs/YES (イエス)
  4. Wings Over America/WINGS (ポール・マッカートニー&ウイングス)
  5. Caught In The Act/GRAND FUNK RAILROAD (グランド・ファンク・レイルロード)
  6. Something/Anything? TODD RUNDGREN (トッド・ラングレン)
  7. You Are the Music...We're Just the Band/TRAPEZE (トラピーズ - グレン・ヒューズ)
  8. Live in California 1976:On the Wings of a Russian Foxbat/DEEP PURPLE (ディープ・パープル)
  9. Led Zeppelin/LED ZEPPELIN (レッド・ツェッペリン)
  10. Live January 1973/URIAH HEEP (ユーライア・ヒープ)

PR


120×90