Search


since 2005.03.13

2005年04月30日

1967〜1970/THE BEATLES (ザ・ビートルズ)

B000002UZ11967-1970
The Beatles
Toshiba EMI 1993-10-05

 THE BEATLES(ザ・ビートルズ)解散後の1973年に発表されたGeorge Harrison(ジョージ・ハリスン)が選曲に関わったベスト盤。発表年順に並べられた構成により、THE BEATLES後期のアバンギャルド、サイケデリックな部分とソングライティング、スタジオでのサウンドメイクなどが円熟していく様を聴くことが出来ます。ベスト盤とはいえTHE BEATLESの傑作アルバムの1つに数えられると思います。

John Lennon (ジョン・レノン
Paul McCartney (ポール・マッカートニー
George Harrison (ジョージ・ハリスン)
Ringo Starr (リンゴ・スター

 同時に発売されたTHE BEATLES(ザ・ビートルズ)前期のベスト盤と合わせて、ジャケットの色から通称赤盤(1963〜1967)』『青盤(1967〜1970)』を呼ばれています。気軽にTHE BEATLESに触れるという意味では2000年に発売された『THE BEATLES 1』がありますが、きちんと(?)THE BEATLESを聴いてみたい、という方にはこちらの『赤盤』『青盤』を入門編として聴かれた方が幸せになれると思います。


Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (1967)

サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド
The Beatles


 前作『Revolver(リボルバー)』(1966) 以降ライヴ活動を停止したTHE BEATLES(ザ・ビートルズ)が、当時最先端の録音技術を駆使して作りあげた67年6月発表の傑作アルバムです。 ロック史上初のトータル・コンセプトアルバムでもあり、サウンドの多様さも従前のアルバムとはけた違いで、オーケストラやブラスバンド、インド楽器なども駆使したサウンドに圧倒されます。現在の技術を駆使したとしても誰にも真似の出来ない作品に仕上げられています。全英チャート22週連続1位。


The BEATLES (1968)

ザ・ビートルズ
The Beatles


 68年11月に発表されたTHE BEATLES(ザ・ビートルズ)初の2枚組アルバム。2枚組みながら全英チャート9週連続1位。なにも印刷されていない白無地のジャケットから、俗に「ホワイト・アルバム」と呼ばれています。
 各メンバーの個性が野放し状態で、バンドという枠が取り払われてしまったアルバムです。自分の曲は自分でプロディース及びレコーディングする、という制作方法がとられており、各曲の完成度は高いものの全体的には散漫な印象もあります。


Abbey Road (1969)

アビイ・ロード
The Beatles

 69年9月に発表されたThe BEATLES(ザ・ビートルズ)の事実上のラストアルバム。その完成度の高さから、彼らの最高傑作と呼ばれることも多く、9曲目からラストまで続くメドレー風のパートは、その構成力を高く評価されており、(LPの時代だと)A面はJohn Lennon(ジョン・レノン)色、B面はPaul McCartney(ポール・マッカートニー)色が強いアルバムです。また、George Harrison(ジョージ・ハリスン)の躍進も窺える名曲"Something"なども収録されています。全英18週連続1位、全米11週連続1位。


LET IT BE (1970)

レット・イット・ビー
The Beatles


 69年1月の『Get Back Session』の風景を追った同名ドキュメンタリー映画のサントラ盤として、70年5月に発表。本来であれば、69年8月に発表予定だった『Get Back』の曲目とミックスを大幅に変えて制作されています。この際に行われたPhil Spector(フィル・スペクター)の独特のミックスは未だに賛否両論を呼んでいます。

Let It Be…Naked (CCCD)
The Beatles



***************


Magical Mystery Tour (1967)

マジカル・ミステリー・ツアー
The Beatles


 Paul McCartney(ポール・マッカートニー)の発案によりTHE BEATLES(ザ・ビートルズ)自身が制作した同名のTV番組のサウンドトラック6曲にシングル3枚から5曲を加えたアメリカ編集アルバム。編集盤のため散漫な印象も有りますが"Strawberry Fields Forever"、"All You Need Is Love"などの収録曲の曲の良さと完成度は素晴らしいものがあります。67年12月発表。


Yellow Submarine (1969)

イエロー・サブマリン〜ソングトラック〜
The Beatles


 THE BEATLES(ザ・ビートルズ)をモチーフにした同名アニメーション映画のサントラ盤
THE BEATLESの演奏は前半の6曲のみで、後半にはGeorge Martin Orchestra(ジョージ・マーティン・オーケストラ)による劇中音楽が収められています。THE BEATLESの演奏曲に関しては、66〜68年2月という録音時期を反映して、サイケデリックなカラフルな印象。"All Together Now"、George Harrison(ジョージ・ハリスン)の"It's All Too Much"、などの名曲も収録されています。THE BEATLES自身の演奏曲が少ないためか、THE BEATLESのオリジナルアルバムの中で唯一チャート1位獲得を逃したアルバムです。(上記は映画に使われたビートルズの楽曲15曲を、新たにデジタルリマスター&リミックスして1枚にまとめ、1999年に発表されたアルバムです。)

イエロー・サブマリン (1968)
ザ・ビートルズ / ジョージ・マーティン・オーケストラ



THE BEATLES 1 (2000)

THE BEATLES 1
The Beatles


 THE BEATLES(ザ・ビートルズ)のシングル中、アメリカのビルボード誌、もしくはイギリスのレコードリテイラー誌のヒットチャートで1位を獲得した27曲を1枚のCDにまとめたアルバム。しかし、"Strawberry Fields Forever"と"Please Please Me"が収録されていないのはちょっと。。。。


[DVD BOX]The Beatles Anthology

ザ・ビートルズ・アンソロジー DVD BOX 通常盤
The Beatles


THE BEATLES(ザ・ビートルズ)のデビューから解散までを貴重な映像と共に辿るDVDボックスセット

アンソロジー(1)
The Beatles

THE BEATLES(ザ・ビートルズ)の偉大な歴史を振り返る一大プロジェクトの一環として、95年にリリースされたレア・トラックを中心にした2枚組3セットの第1弾。John Lennon(ジョン・レノン)が遺したデモテープに、Paul McCartney(ポール・マッカートニー)、George Harrison(ジョージ・ハリスン)、Ringo Starr(リンゴ・スター)の3人が手を加える形で実現した25年ぶりの新曲が、発売当初話題を呼んだ。

アンソロジー(2)
The Beatles
アンソロジー(3)
The Beatles

***************
■[BOOK]The COMPLETE BEATLES Recording sessions


ビートルズ レコーディング・セッション
マーク ルウィソーン 内田 久美子

全曲解明!!ビートルズサウンズ大研究〈下〉 全曲解明!!ビートルズサウンズ大研究〈上〉 Beatles gear―日本語翻訳版 ビートルズ・サウンドを創った男―耳こそはすべて THE BEATLESアンソロジー

 1962~70年にTHE BEATLES(ザ・ビートルズ)が行なったレコーディング記録を日記形式で刻明に綴りながら英EMIレコードの資料、George Martin(ジョージ・マーティン)をはじめ当時の多くのスタッフの証言を加えて制作されたロック史上最大のドキュメンタリーです。
 この手のものは各種THE BEATLES本や他のバンドの本など色々と読んでみましたが、この本が一番読み応えがありました。読むたびに新たな発見があり、THE BEATLESファンには必須のアイテムだと思います。


関連記事 - 1962〜1966/THE BEATLES
関連記事 - [掲載アルバム一覧] The Beatles

| HOME |
ネットで楽譜検索! バンドスコア、ギタースコア、タブ譜etc.



trackbacks

まずは、これ。 from BOYACKY

ビートルズ1963年のアルバム『with the beatles』。彼ら初期の傑作アルバムであります。この時期彼らは「From Me To You」「She Loves You」と連続ヒットでイギリスでの人気が爆発しまくり。突き上げるほどに「新譜はまだか」と待ち焦がれていたファンの前に届けられ

A Hard Day's Night from 日常の私

ビートルズを好きになる要因の一つとして"A Hard Day's Night"の映画を観たのが挙げられる。そもそも、私は映像のビートルズを見た事がなかったから動いてるビートルズは、結構私にとって衝撃的だった{/face_sup/}映画はモノクロだけど(1964年)、全く古さを感じないし

素敵なリンゴスター「ビートルズからのラブ・レター」 from 侃々諤々

リンゴへの51通…「ビートルズからのラブ・レター」ビートルズのメンバーがリンゴスターに宛てて書いたハガキが本になった。他の3人のメンバーの絵はがき51枚にリンゴが解説を付けているもので、ビートルズ時代の1960年代からジョンが死んだあとの80年代ま

WOMAN from Lost Romance Music Hall

ジョン・レノンの声には独特の「ゆらぎ」があるのだという。彼の歌がたくさんの人を惹きつける理由のひとつがそれなのだそうだ。これは音声の研究をしている学者さんがTVで言っていたことだが、真偽のほどはわからないにしろ、ジョンの歌を聴いているとなるほどと思えてく

11月にPaul McCartneyのライブがあるって〓!(USTour) from ハーイ!ふろむアメリカ

日曜日の新聞の広告に載ってたよ。今週の土曜日にもうチケット発売だって〓!!ゲッドできるといっけど。。。前回はSold Outで行けなかったけど、今回もU2同様すぐSold Outになっちゃうんだろうなぁ。。。前にも書いたけど、昔来日したときの幻のチケットのコピーまだ持

ビートルズを作った男 ブライアン・エプスタイン from 怠惰(たいだ)なテレビ・映画感想日記

BSこだわり館で、「ビートルズを作った男」をやっていた。案内人は、自らビートルズファンを自負する、脚本家のミズノノゾミ氏。(劇作・脚本・演出家)まず、英国の青い空と白い雲に驚く。英国=灰色の空。 雨。と言うイメージだったのできれいな、緑と、青い空、ほん...

「The Beatles」 の20曲 from NO MUSIC,NO LIFE

あるアーティストだけで一つのプレイリストを作ってみよう!!ということで、まず第一回目は、「THE BEATLES」の20曲。Everybody's Got SomethingTo Hide Except Me And My MonkeyPaperback WriterI'm Only SleepingBecause

ごめんねジョージ from F組 no.27

職場でT部長と話をしていたら、なぜかビートルズの話題になった。T部長が「○○さん(あたし)は、ビートルズなんかあんまり知らないでしょ?」なんて言うもんだから、「え、ビートルズは時々ですけど聴きますよ。」と、あたし。T部長「本当?じゃあビートルズ

驚くべき音の進化、デジタル…、リマスター、リミックス from Rock'n Roll Cinema City

イエロー・サブマリン〜ソングトラック〜 ビートルズの「イエローサブマリン」リミックスされた新しいの、聞きましたか。もう数年前のことになりますけど。初めて聞いたときは、けっこうびっくりしました。友達がカセットテープに入れたのを聞かせてくれて、詳しい説

【ロチE】The Beatles from スローライフ

ビートルズの内紛示す書簡、近く競売に(日経ウェブ)ファンの一人として心が痛みます。なんとかならないでしょうか?...

ビートルズやめらんない from 混ぜんな危険!

1961年にビートルズは“トニー・シェルダン”というオッサンのバックバンドをしていた。「ビート・ブラザーズ」とか「シルバー・ビートルズ」とか色んな名前で活動していたのですが、私、このアルバム、アナログで持ってるんです。「Beginning 1961」

THE BEATLES [LET IT BE...NAKED] from ハードロックドゥートゥル

ビートルズのレッドイットビーのオーケストラ装飾がなくなりバンドの音のみの、裸のレッドイットビーが登場。最新のデジタル技術を駆使し、まるでスタジオで聞いているかのような音です。はっきり言って、ここまで音が良いとは思わなかった。一音一音がハッキリと聞こえ

シルクドソレイユとビートルズの合体! from ★地球の果てまで☆

前々から噂のあったシルクドソレイユとビートルズの合体!ジョージ・ハリスンと友好のあったギー・ラリバテの構想がついに実現。ポール・マッカートニー、リンゴ・スター、ヨーコ・オノそしてオリビア・ハリスンの承認を得てシルクドソレイユのショーとして2006年

Revolver/The Beatles from 山田さんの好きなもの!

僕を洋楽のとりこにしてしまった張本人のバンド。今さら説明は不要だと思います。全てのアルバムが好きなんですが、やはり「Revolver」が一番です。例えば「Sgt. Pepper's〜」って名盤とされてますけど個人的にはそれほどいいとは思っていない

The Beatles 1/The Beatles from 山田さんの好きなもの!

今更ザ・ビートルズなんですけど、今聞いていてどうしても書きたくなりました。このアルバムは英米でNo.1になったシングルを集めた企画盤です。「Love Me Do」「From Me To You」と一番、二番バッターが続いた後は「She Loves You」「I Want To H

TOMORROW NEVER KNOWS from みゅーじっくじゃんきぃ

今頃になってですが、今日は「BEATLES」。「今さらかよ!」とか、言わないっ!だって、こうやって音楽のこと書いてるのに意図的に避ける必要も無いしねぇ。かといって、敢えて取り上げる必要も無いんでしょうけど、「好きなものは好きなの!」

Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band from 帰ってきたアドバタイジング野郎のblog

ビートルズ最高傑作との呼び声高い名盤『Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band』。もしもこのアルバムを単なるショー仕立てのコンセプトアルバムと捉え、このアルバムの本質に耳を傾けないでいたら、それはロックファンとして大変な損失だと思います。ただし僕も、これ...

The Beatles (ザ・ビートルズ) from ROCK LEGEND - School of Rock

プリーズ・プリーズ・ミーザ・ビートルズ 東芝EMI 1998-03-11売り上...

comments

こんにちは!
トラバありがとうございました♪
ブログを楽しんでいただけたようで、うれしいです。
こちらのサイトはすごいですね!
いろいろなアルバムを紹介していらして、
洋楽は浅く広くでそんなに詳しくないので
参考になります!
私もまたお邪魔させていただきますね!!

  • Kumi
  • 2005年04月30日 20:40

こんにちわ!
なんせビートルズ初心者なもんで少しずつかじっていこうと思っています。
まだ買っていないCDもDVDも沢山あるのでこれから楽しみです。
気になったのが、アンソロジーのDVD BOX!!!映像もついてるんですよね!?動いてるビートルズはA Hard Day's Nightの映画しかないですので(あと、ジョンレノンの特集)是非ともみたいですし、購入したいです!

  • dali
  • 2005年04月30日 22:15

こんばんは。
ビートルズは全部聞いた事が無いけどマジカル・ミステリー・ツアーが好きです。昔のグループだけど今聞いても新鮮ですよね。ちょっとずつCDを集めていこうと思ってます。

  • kiki
  • 2005年04月30日 23:15

ビートルズを聴かなければ私はギターを弾いていなかったと思います。
ビートルズはすべての始まりです。

  • boco
  • 2005年04月30日 23:33

こんばんは。
最近はあまり聴いてないですが、やっぱりビートルズはいいですよね。
個人的にはSACD化を熱望してます。

 いろんなアーティストが通り過ぎていったけど、やはり残るのはビートルズやボブ・ディラン、サイモン&ガーファンクルなど、思春期に聴いたものばかりです。
どんな勉強よりもビートルズを聴きこんでいて本当に良かったと思っています。(笑)

>Kumi さん
あの記事はちょっと笑ってしまいました。記事のタイトルも絶妙です。もし良かったら、この記事にトラックバックして頂けませんか。よろしくお願いします。
>dali さん
 >アンソロジーのDVD BOX!!!映像もついてるんですよね!?
もちろん映像がメインですよ。貴重な映像満載ですよ。といっても友人から借りて見たんですけどね。
>kikiさん
 >マジカル・ミステリー・ツアーが好きです
サージェントみたいにトータル感は無いアルバムですが、反対にそこが面白いアルバムですね。

  • axis_009
  • 2005年05月01日 10:13

>bocoさん
bocoさんはビートルズ世代なんですね。私なんかはちょっと後なので、ビートルズをリアルタイムで聴けた方というのはちょっと羨ましいような気がします。
>sacd_review さん
 >個人的にはSACD化を熱望してます
えっ、ビートルズってSACD化されて無いんですか?知りませんでした。誰よりもポピュラーなグループだから一番にSACD化されてそうなのに...。版権とか難しいのかなぁ。
>don_giovanni さん
 >思春期に聴いたものばかりです
多分私はdon_giovanniさんより少し後の世代だと思いますが、確かに思春期に聴いたもの、というのはいつまで経っても消えないですね。

  • axis_009
  • 2005年05月01日 10:22

高校生の時、バンドのドラムスが、ビートルズ大スキ
だったんです。彼の部屋でホワイトアルバムとか、
アビーロードとか・・・よく聞いたもんです。

私の場合好みが非常に偏っているため記事が偏見に満ちている場合がありますがお許しくださいね。ビートルズはちょうど兄貴の世代がリアルタイムだったんで家にアルバムが何枚かありまして自然に耳に飛び込んできた音楽ではありました。いつの世も流行り廃りはありますが私の中ではロックというものは70年代、思いっきり引っ張っても80年代で終わってしまってます。昔の音楽ってスタンダードになりえたものですが、今のにはもうついていけていませんw

  • 奈良の鹿
  • 2005年05月01日 11:08

はじめましてこんにちは。
『ビートルズ1』よりも『赤盤』『青盤』を推薦してらっしゃるところが素晴らしいです。『ビートルズ1』には、傑作の『サージェント・ペパーズ』と『ラバー・ソウル』から一曲も選曲されてないんですよねぇ。
あと1位になったにもかかわらず「プリーズ・プリーズ・ミー」と「ストロベリー・フィールズ」などの名曲が選曲されていない。
でもやっぱりビートルズはアルバム全部聴いてこそ価値が倍増されると思います。
ちなみに僕が初めて聴いた順は『パスト・マスターズVol.2』→『青盤』→『レット・イット・ビー』でした。(後期ばっかりだ・・)
そのあとの順番は覚えちゃいませんが。
今考えると変な順番・・・

  • aki
  • 2005年05月01日 11:48

> goleiro さん
私の場合はビートルズではなかったけど、そういう経験ありますよ。ああいうのって良い思い出ですよね。
>奈良の鹿さん
 >好みが非常に偏っているため記事が偏見に満ちている
私の場合も自分の好きなアルバムのことを「思い込み」と「勢い」で書いてるだけなんで似たようなもんですよ。(笑)
 以前コメントで書いたことがあるんですが、「名曲」といわれるものは今でも沢山生まれてますが、「名演」と呼ばれるものは少なくなったような気がします。

  • axis_009
  • 2005年05月01日 12:00

>akiさん
 >「プリーズ・プリーズ・ミー」と「ストロベリー・フィールズ」などの名曲が選曲されていない
まさにこのへんが赤盤、青盤の方が良いと思う理由ですね。でも、手軽にビートルズを聴いてみたいだけの人は「1」で良いかもしれませんね。
 アルバムを聴く順番に関しては、やっぱり1stから順番に聴くのが良いとは思うんですが、お勉強では無いのでベスト版を聴いて好きな曲の入っているアルバムを買って、というので良いのかな、なんて思ってます。そういえば、以前「ビートルズ・レコーディング・セッション」を片手に1stから時間をかけて(1日1枚ペース)聴いてみたことが有りますが、いろいろと気付いてなかった新たな発見があって面白かったですよ。

  • axis_009
  • 2005年05月01日 12:10

 僕は、赤盤・青盤から聞きはじめました。まだ「ビートルズ1」はなかったので。
でも、最初に買う人にとっては、結構二枚組ベストが二つっていうのは重いので(特に中学生や高校生には)、一枚にまとめたベストもあっていいかなあ、と思います。どちらにせよ、ベストアルバムより、オリジナルアルバムを聞いてほしいですしね。
「リボルバー」「ホワイトアルバム」は今でも頻繁に聞きます。

  • Jamica
  • 2005年05月01日 13:01

> Jamica さん
私も最初に買ったビートルズのアルバムは「赤盤」「青盤」なんですよ。それまでにも有名な曲は何曲か聴いた事があったんですが、ちゃんと買ったのはこの2種類です。なので、このベスト盤2種が私にとっては一番良く聴いたビートルズのレコードです。洋楽のレコードを買ったのもこれが初めてだったので、思い出深いアルバムですねぇ。
>シアトル さん
>正統派のビートルズファンからは、怒られてしまいそうですが
そんなことは無いと思いますよ。(笑)じゃないと世界中に数え切れないくらいのプロのコピーバンドがいるはずが無いですから。
また、お邪魔しますね。よろしくお願いします。

  • axis_009
  • 2005年05月01日 20:50

ビートルズを筆頭に洋楽マニアな私ですが、楽しく拝見させていただきました。
これからも拝見させていただきますね。
頑張ってください!

> sy_rock1009 さん
sy_rock1009さんのブログでメインに扱われてる「ビートルズ」「ストーンズ」「ピンク・フロイド」etc.どれも好きなバンドばかりですよ。また、お邪魔しますね。今後ともよろしくお願いします。

  • axis_009
  • 2005年05月01日 22:39

どれか一枚となると。。。。。ムリ(笑)それぞれに色を持つ作品ばかりでそれは比べられないですもんね。やっぱり、アビーロードのB面はたまりません。
ではでは

>nishi9ra さん
 >やっぱり、アビーロードのB面はたまりません
そうですね。本当にどうしたらあんな物が作れるのか...。才能がなせる業なのかなぁ。ビートルズの最後に凄いものを残してくれてますね。

  • axis_009
  • 2005年05月02日 09:59

奥田民生が色々なアーティストのベストアルバムをランキングした時
1位赤盤、2位青盤でした。僕も同じランキングになってるな〜

こんばんわ(^^♪
「青盤」「赤盤」ともに持っています。40年も前にこんな楽曲を創っていたとはまさに天才の集まりですよね。現代の音楽にもビートルズのメロディーは確実に息づいていますね。すべての原点だと思っています。(sou)

 自分は正直今までちゃんと聞いた事がないのですが、今回アイアムサムを見てちゃんと聞きたいなと思っていたので、すごい参考になりました。さっそく買ってこようと思います。

  • yuuki
  • 2005年05月03日 22:03

こんにちは。
流れ流れてたどりつきましたよ!
僕もビートルズ大好きなんですけど青盤てジョージ選曲だったんですね。。。
知りませんでした。そう思うと興味深い点も。ていうか知らなかったことを恥じてしまいます。僕も最近プログなるものを書き始めまして音楽のことなんかについて書いてます。まだまだですけど。勝手にここを参考させていただきますねん。
どーしようもなく暇なときなどに覗いていただけたら感激です。
よろしくです。

>ナオユキ さん
 >青盤てジョージ選曲
正確には、ジョージが赤盤・青盤の選曲に「関わった」です。すみません。記事の間違いに気が付いてませんでした。早速本文の方も修正しますね。

  • axis_009
  • 2005年05月04日 00:14

ビートルズはベスト版しか聞いたことがないので全アルバムが紹介されていて良かったです。色々聴いてみたいのが出来ました。(^^)

  • kayo
  • 2005年09月16日 21:27


comment form

(OOH LA LA - my favorite songs にコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合はコメントを表示させていただきますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form


RHINO Sales Lank



Recent Entries

  1. [忍法帖] 山田風太郎
  2. [ヘッドホン] Creative Aurvana Live!
  3. [時代小説] 藤沢周平
  4. Nursery Cryme/GENESIS (ジェネシス)
  5. Captured Live!/JOHNNY WINTER (ジョニー・ウインター)
  6. Art Pepper Meets the Rhythm Section/ART PEPPER (アート・ペッパー)
  7. The Lamb Lies Down On Broadway/GENESIS (ジェネシス)
  8. TYR/BLACK SABBATH (ブラック・サバス)
  9. Selling England By The Pound/GENESIS (ジェネシス)
  10. Foxtrot/GENESIS (ジェネシス)

PR


120×90




1967〜1970/THE BEATLES (ザ・ビートルズ)
[レビュー/試聴 etc.]